絵を描く力を育てる平面構成遊び

「うちの子、絵が描けないんですよ。」と心配する方(親)の場合、その方も絵が苦手ということが多いような気がします。そんな方には「大人も楽しそうに絵を描いて見せる」ことが出来ないわけですから、私の一押しはここで取り上げたような平面構成遊びを一緒にしてあげることです。平面構成遊びは色彩感覚と幾何学的な力を育てます。そして、なにより形を完成させることが絵を描く行為より易しい!子どもはすき間を埋めていくような感覚で、どんどん形が出来ていくこうした遊びを想像以上に楽しんでくれます。

マグネット

初めて出会う平面構成遊びはなんといってもこれ!マグネット付の色板を金属のボードに並べていくシンプルな遊びですが奥が深い。マグネットで貼り付いてくれるので、手先がまだ器用でない子も安定して遊べます。

モザイク遊び

円、三角、四角といった幾何学的な形のピースを並べて、絵を描くような感じで好きなものを描いていきます。

また、ピースに描かれた模様を使って、幾何学的な模様を作るタイプ(キーナーモザイクなど)もあります。

アイロンビーズ

子どもたちが大好きな遊びのひとつです。

樹脂のビーズで絵を描くように枠の中に並べます。そのあと、アイロンで溶かすと、1枚につながります!

ひも通し

「ひも通し」というと、普通はビーズにひもを通す遊びを思い浮かべますよね。でも、この「平面構成遊び」の中での「ひも通し」とは、穴がたくさんあいたボードにひもを通して模様を描く遊びになります。

これは、ぬいとりの遊びです。曲線を表現するのに工夫がいるので、じっくり取り組めます。仕組みがわかってくると、子どもたちはオリジナルのモチーフを作るようになり、大人顔負けの作品ができ上がります。だんだん上達していくのが、ひも通し遊びの面白いところです。

ホルツステッキ

ステッキ、ボード共に木製です。木ならではの感触や仕上がりの美しさは子どもの感性を磨いていくことでしょう。
おもちゃ