BRIO 木製玩具の世界的企業

スウェーデンのブリオ社は2014年に創業130周年を迎えました。

創業者イヴァール・ベングトソンは、友人といっしょに木製のカゴをデンマークで売っていました。1884年、結婚を機に南スウェーデンにあるオスビィという町の郊外の家に移り、そこの作業場でカゴを作り始めました。初めてのおもちゃ『オスビィの馬』(車つきの木馬)が、商品に加わったのが1907年、その翌年には息子たちに会社を譲り、BRIO=BRothers Ivarsson Osby社が生まれました。

乳児・幼児のおもちゃ、代名詞とも言える木製レールシステム、組立玩具ビルダーなど多彩なラインナップを揃えています。

現在は中国生産となっていますが、変更した当初から品質は非常に高く、その管理能力の高さに驚かされました。現在も変わらず、高品質の生産を続けています。

BRIO ブリオ社の歴史

1884 創業者イヴァール・ベングトソン(Ivar Bengtsson)は結婚を機に、スウェーデン南部オスビィ(Osby)郊外の小さな村に移り住む。作業場のある小さな農場で、木で編んだカゴを作り始める。
1890 最初のカタログを発行。カゴの持ち手の部分を改良する。
1902 妻シッサのアイデアで鉄道駅のあるオスビィに移転
1907 おもちゃを扱い始める。最もよく知られた「オスビィの馬」はこの頃から。
1908 アメリカに移民しようとする息子たちを引き留めるために、3人の息子たちに会社を譲る。新しい会社の名前は、BRderna Ivarsson Osby(オスビィのイヴァールの息子兄弟社)。この頭文字がBRIO(ブリオ)になる。
1935 ドイツから輸入していた乳母車が戦後になって供給が難しくなり、自社生産を始める。
1937 株式会社化
1945 最初の大量生産品「サンポドッグ」を生産
1947 「ラビリンスゲーム」を発売。これまでに300万個以上を売る。
1952 現在の木製レールの前身「ミニチュア鉄道」を発売。
1957 「ミニチュア鉄道」に木製レールが加わる
1958 「クラウン」を発売
1978 日本での販売開始
2003 ブリオ・ジャパン設立

(コプタ通信2004年8月号より 佐々木隆行)

ブリオの関連ページ

木製レールシステム

スウェーデンのBRIOブリオ社は、1950年代から木製レールを作ってきた元祖です。後から他の企業もこの分野に参入しましたが、レールの幅やジョイント部分の形状などは、BRIO社の規格に揃えるなど、このジャンルの世界標準となっています。

品揃えも非常に豊富で、レールと列車、付属品がまとまったセット商品だけでなく、様々な種類のレール、橋、駅、列車などが、ラインナップされています。ぜひ、↓下のリンクをクリックして、その豊かな世界をご覧ください。

BRIOビルダー

「ブリオメック」から始まる長い歴史を持つ組み立ておもちゃ、それが「BRIOビルダー」です。

ボルトとナット、あるいはペグといった道具を使って好きなものを組み立てるおもちゃです。しかも、組み立てたもので遊べるのも魅力。

様々なアイテムがありますので、↓下のリンクをクリックして、ラインナップをご覧ください。

乳児のおもちゃ

商品例

以下に並んでいる商品は一部分です。 すべての商品(1点)を見るにはこちら

                

幼児からのおもちゃ

商品例

以下に並んでいる商品は一部分です。 すべての商品(6点)を見るにはこちら

                
                
                
                

おもちゃ
教育玩具学校2024
こちらから »
相沢のGW積み木ショー
リアル/見逃し配信 »
乳幼児期のことばを引き出すおもちゃのヒント
オンラインウェビナー »
プレイオン予約
こちらから »
ラッピング
有料で承ります »
遊びと保育.com
百町森の保育サイト »
メルマガ登録
登録無料! »
店内を見る
Googleインドアビュー »
会員について
特典がいろいろ♪ »
会員ログイン
有料会員専用ページ »
ブックぷらす
毎月届く絵本の定期便 »
自由記入でのご注文
サイト未掲載品でもOK! »

休業日は原則発送はありません。