イベント

百町森主催のイベントや、そうでない催し物の情報です。

百町森では、定期・不定期で色々な催しを行っています。なお、突然日程などを変更することがありますので、必ずご予約下さい(電話054-251-8700)。イベントカレンダー

定期的に行っているイベントです。

おはなし会

山崎、柿田、つきちゃんが、素話や絵本の読み聞かせ、わらべうたをします。(毎月第3日曜日)

ゲームの日

親子で一緒にゲームを楽しみます。ルールはスタッフが説明いたします。(毎月第3日曜日)

店内展示スペース

1〜2ヶ月ごとにテーマを変えて商品を展示しています。→店内展示の様子

年に数回行っているイベントです。

相沢康夫積み木ショー

「積み木おじさん」相沢がネフを巧みに操ります。(正月、GW、夏休みなど)

ウォルドルフ人形講習会

スウェーデンひつじの詩舎の講師の榛地さんに教わってC体ほかを作ります。(年1〜2回くらい)

保育者向けセミナー

保育者向けのセミナーです。詳細は保育コーナーへ

単発のものやシリーズもの、マジックショーや独楽回しなど色々やりますよ。

パターンコンペ

ネフ社の積み木を使ってパターンを作ります。優秀作品は、パターン表に掲載されます。→リグノのコンペ

コンサートやワークショップ

ライアーやバイオリンなどの楽器を使った子どもが参加できる催しです。

ゲーム大会

ガイスター、ティップキックなど特定のゲームで大会を行います。→大会の様子

2020/09/02(水)~09/27(日) | 10:30-18:00

【展示】心ゆさぶる、さし絵の世界!展

岩波少年文庫創刊70周年

本の魅力は、物語のおもしろさだけではありません。作品の世界観をいっそう際立たせているのは「さし絵」の 存在です。そこでこのたび、絵にスポットを当てて作品をご紹介します。さし絵とは、画家たちが絵筆をふるって、まるで魔法のように本のなかの世界を、読むひとの前に広げて見せてくれるもの。もし気になる絵があったら、どうぞそのままその世界に足をふみいれてみてください。ようこそ、心ゆさぶるさし絵の世界へ!

(岩波書店 児童書編集部解説より)

 

今回は岩波少年文庫のさし絵に注目した展示を行います。テーマ別パネル(版元提供)の展示とともに、岩波少年文庫をほぼほぼ揃えて販売します。

クイズに参加するとポストカードがもらえるよ!

また、会場では、パネル内にヒントが隠されたクイズをご用意しています。挑戦してくださった方には、かわいいポストカードをプレゼントしますので、ぜひお立ち寄りください。

岩波少年文庫70年特設サイトもオープン

今回の70周年は、岩波書店も気合が入っていますよ〜。なんと特設サイトがオープンしています。少年文庫の歴史や、おすすめ、エッセイなど盛り沢山の内容です。

少年文庫特設サイトへ

百町森でも少年文庫についての記事ありますよ

2020/04/26(日) | 10:00-12:00 / 14:00-16:00(同じ内容です)

【終了】オンライン講習会:発達を支援する教具の理論と実際

「発達を支援するおもちゃ展」関連企画

オンライン販売をはじめました

購入方法

  1. 上の画面の中、右上の「¥500で購入」ボタンをクリック
  2. 小さい画面が開きます。Vimeoのアカウント登録が必要ですが、Facebookなどのアカウントと連携もできるので、それだと簡単です。
  3. クレジットカード、もしくは、PayPal(ペイペイではありません)でお支払いください。
  4. ご購入いただくと、動画がダウンロードできるようになります。
当面、「おはなし会」「家族でゲームの日」はお休みさせていただきます。(2020/8/21追記)再開する際には、告知いたします。

新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、3月15日(日)の「おはなし会」「家族でゲームの日」は中止いたします。悪しからずご了承ください。

なお、東京子ども図書館では、YouTubeで、おはなしの配信をしていますので、よろしかったらご利用ください。

アーカイブ