イベント

百町森主催のイベントや、そうでない催し物の情報です。

百町森では、定期・不定期で色々な催しを行っています。なお、突然日程などを変更することがありますので、必ずご予約下さい(電話054-251-8700)。イベントカレンダー

定期的に行っているイベントです。

おはなし会

山崎、柿田、つきちゃんが、素話や絵本の読み聞かせ、わらべうたをします。(毎月第3日曜日)

ゲームの日

親子で一緒にゲームを楽しみます。ルールはスタッフが説明いたします。(毎月第3日曜日)

店内展示スペース

1〜2ヶ月ごとにテーマを変えて商品を展示しています。→店内展示の様子

年に数回行っているイベントです。

相沢康夫積み木ショー

「積み木おじさん」相沢がネフを巧みに操ります。(正月、GW、夏休みなど)

ウォルドルフ人形講習会

スウェーデンひつじの詩舎の講師の榛地さんに教わってC体ほかを作ります。(年1〜2回くらい)

保育者向けセミナー

保育者向けのセミナーです。詳細は保育コーナーへ

単発のものやシリーズもの、マジックショーや独楽回しなど色々やりますよ。

パターンコンペ

ネフ社の積み木を使ってパターンを作ります。優秀作品は、パターン表に掲載されます。→リグノのコンペ

コンサートやワークショップ

ライアーやバイオリンなどの楽器を使った子どもが参加できる催しです。

ゲーム大会

ガイスター、ティップキックなど特定のゲームで大会を行います。→大会の様子

2019年05月01日〜06日 | 10:30〜18:00

【GW企画】掘り出し物市

店内展示コーナーで、「掘り出し物市」を開催します! 廃番商品、型落ち品や、ちょいキズ品、箱ツブれ品、ゲームの見本などのワケあり商品を大放出します。

今回は40周年記念ということで、いつもよりもすごいモノを出しますよ~! 例えばですが、ネフ社の廃番商品や、スピールフォームなど廃業したメーカーの在庫限りのレアものなどが放出される予定です。

お願い

何が出るかは秘密です^^ お電話やメールでのお問い合わせはご遠慮ください(InstagramやTwitterなどで発信する可能性はあります)。

2019/05/19(日) | 10:00〜12:00

保育講習会「わらべうた」190519

保育や子育てにすぐに役立つ

元保育士でわらべうたの専門家に、保育のねらいに即したうたや、子育てにも役立つあそびを教えてもらいます。

IMG_0499.jpgわらべうたは民俗が代々伝えてきた文化、「ことば・詩」に旋律が付き運動遊びが付いています。

文学でもあり、音楽でもあり、子育ての知恵でもあり、近年は人と人とのコミニケーションツールとしても見直されています。

そんなわらべうたを実際に歌って遊んで楽しみましょう。

ぺちゃんばな(顔)、ネズミネズミ(くすぐり)、だいこんいっぽん(身体)など乳児のうたは1対1で子どもと向き合ってしたり、スキンシップをしながらします。

あめこんこん(声あて)、いっせんどうか(門くぐり)、カラスカズノコ(役交代)など幼児のうたは集団遊びが中心です。

※動きやすい服装でご参加下さい。

2019/04/05(金)~04/29(月祝) | 10:30-18:00

「自閉症の文化を学ぼう」ブックフェア

世界自閉症啓発デー連動企画

毎年4月2日は国連が定めた世界自閉症啓発デー、4月2日〜8日は日本実行委員会が設けた発達障害啓発週間です。(公式サイト

店頭でも関連書籍のブックフェアを行います。結構な品揃えなので、ぜひ一度ご覧ください。

2019/04/05(金)~04/29(月祝) | 10:30-18:00(初日は17:00から)

【展示】発達を支援するおもちゃ展

世界自閉症啓発デー連動企画

毎年4月2日は国連が定めた世界自閉症啓発デー、4月2日〜8日は日本実行委員会が設けた発達障害啓発週間です。(公式サイト

それを記念して、「発達を支援するおもちゃ展」を開催します。大型のおもちゃもあって、普段は店に置いていないものなので、この機会にどうぞ実際に触れてみてくださいね。

毎月第3日曜日 | 13:30〜14:00

おはなし会 190421

おはなし、絵本、わらべうたを楽しもう【毎月第3日曜】

百町森が昔からやり続けているのが、この「おはなし会」です。

山崎、柿田、つきちゃんが、素話や絵本の読み聞かせ、わらべうたをします(毎月第3日曜日)。

毎月第3日曜日 | 10:30-16:00(なくなり次第終了)

パンの販売会 190421

白崎茶会認定 梟城のパン先生がつくる【毎月第3日曜】

毎月第3日曜日に開催します。

日本の風土が育んだ地粉(うどん粉)を使った、ふんわり しっとり もちもちとしたパンの販売会を行います♪

2019/05/11(土) | 昼の部:14:30-15:30 ミニ絵本作り:15:30-16:30 夜の部:18:30-20:30

絵本の楽しみ(お話昼の部、ミニ絵本づくり、お話夜の部)

「おはなし」は楽しい〜 ちいさな出版社の願い

この7月で25周年を迎える瑞雲舎社長兼編集長、絵本大好きの井上みほ子さんに来て頂いて、自社の絵本の魅力をたっぷり語って頂く企画です。

企画一覧

時間 題目 料金 内容 子連れ 対象
14:30-15:30 絵本のたのしみ(昼の部) プレイオン入場料に準ず 参加者のお子さんの年齢に合わせておはなししますが、『ハグしてぎゅっ!』『むすんでひらいて』『はやくちこぶた』『ちびくろ・さんぼ』…などを予定。 ○(お子さんを遊ばせながらどうぞ) 家族向け
15:30-16:30 番外編:ミニ絵本作り プレイオン入場料+材料費200円 紙を折って作る「ちびくろさんぼ」や「わたしとなかよし」などの簡易的なミニ絵本(中は白紙)です。 大人向けですが、小学生くらいなら作れます。
18:30-20:30 絵本の楽しみ(夜の部) 1,200円(会員1,000円) 「おはなし」の楽しさが何をもたらしてくれるのか、小さい出版社が何を考えて出版を続けているのか、古典絵本から今の絵本に繋がる一本線について。 × 大人向け(保育士、絵本好きの方に)

昼の部

参加者のお子さんの年齢に合わせておはなししますが、『ハグしてぎゅっ!』『むすんでひらいて』『はやくちこぶた』『ちびくろ・さんぼ』…などを予定。

お子さんを遊ばせながら聞いていただけます。

番外編:ミニ絵本づくり

絵本のお話(昼の部)のあと、ミニ絵本作りをします。写真参照。材料費200円。

夜の部

「ちょうどマクロスキーの『あたまをなくしたおとこ』を(1年ほど在庫をきらしていたのですが)増刷したばかり、重版にあたって色々考えたことを中心に。それから、『おほしさまのちいさなおうち』『おうさまのくつ』『あひるのピンのぼうけん』『Lifeライフ』(くすのきしげのり:作/松本春野:絵)あたりを中心にしてお話しようかなと思います。」

(井上さん)

2019年03月01日(金)〜 | 10:30〜18:00

【展示】『クマのプーさん』複製原画展

百町森開店40周年記念イベント

E.H.シェパードの描いた「プーさん」の鉛筆原画の複製画をご覧いただけます。

場所は、百町森店内のプレイスペース「プレイオン」になります。有料スペースのため、1人1時間300円かかります(当店の駐車場をご利用になる場合は、車1台も1人とカウントします)。ただし、プレイオンは5分間無料で見学できますので、その時間を利用して観覧していただくことも可能です。

アーカイブ