百町森ブログ

百町森からのお知らせなどです。

  
  
  

柿田のブログ

百町森店主のブログです。

  
  
  
  

イベント

  

イベントはこちらです。

  
  
  
  

コラム

  

子育てやわらべうたに関する読み物、旅日記など。

  

世界的に大きな問題になっているプラスチックごみ。プラスチックは安くて便利ですが処理にもリサイクルにも莫大なお金がかかります。そして、プラスチックには様々な化学物質が添加されているため、焼却や、リサイクル、散乱に伴い有害化学物質の発生が懸念されます。マイクロプラスチックはもっと深刻です。

先日「マイクロプラスチック」について理解を深めたくて、勉強会に参加して、栗岡理子さんの最新情報をたくさんのショックを受けながら聞いてきました。

マイクロプラスチックとは5ミリ以下のプラスチックのことです。その中で、もともと5ミリ以下に作られたプラスチック(プラスチック原料の小粒レジンペレットや歯磨き粉などに使われていたマイクロビーズなど)を一次マイクロプラスチック、大きな製品だったものが、波や紫外線、生物により破片化したものや、合成繊維のくず(洗濯や食器洗い、掃除などの際に生活排水から流れ出るものなど)を二次マイクロプラスチックと呼びます。

どちらも海へ流れ出て、砂や海底に混じったり、海面に浮いて生物が食べてしまったりと深刻な問題となっています。マイクロプラスチックをプランクトンが食べ、そのプランクトンを魚が食べ、それを人間が食べるという食物連鎖の中で、確実に人間の口にも入ります。それどころかマイクロプラスチックを食べたプランクトンが死んでしまうことがあるようで食物連鎖自体が破壊されてしまいます。

もはや、プラスチックは使えない!というところまで来てしまった感じがします。でも現実的にはそれはとても無理ですよね。それでも個人でできることはたくさんあります。まずは使い捨てをやめることからだと思います。それぞれのライフスタイルの中で模索してください。私が実践していることは

  1. マイバッグ持参でレジ袋を断る。(百町森ではレジ袋を用意していません)
  2. マイボトル持参でペットボトルは買わない。

ハワイ旅行から帰ってきた方の話によると、ビニール製のレジ袋は見かけず、紙製に変わっていたそうです。そして、それは有料だったとのことです。日本も是非、見習って欲しいと思います。

さらにこれからの目標は容器持参でケーキや惣菜を購入することや、メラミン樹脂のスポンジを止めること、なるべく化学繊維の衣類を買わない。などです。

ラップの代わりになるものあるようなので試してみたいと思います。海塩にもマイクロプラスチックが混入しているとのこと、取り除くことは可能なことでしょうか?皆さんのアイデアも教えていただけたらうれしいです。

いいね Vol.39 さよならプラスチック生活

これ一冊で、今のプラスチックの問題が全てわかります。ぜひ読んでください。

前回ご紹介した、DVD「ミツバチからのメッセージ」を多くの方に見ていただきたく、再度ご紹介させていただきます。ずっと以前に友人から借りていたものですが、今回もう一度見直したら、ほんとによくできている作品でした。身近に起きている事実を克明に記録、ミツバチだけでなく人間に与える影響についても、実例もたくさん示されています。

ただ制作年が2010年と少し前なので、その間になにかもっと新しい情報を集めたものがあるのではないかと思い、製作者の岩崎充利さんに連絡してみました。すると、続編DVD「赤とんぼがいない秋」を2012年に制作したとのことでした。こちらも見る価値があります。

入手の方法

どちらのDVDも製作者から直接お買い求め下さい(百町森では販売していません)。どちらも、消費税込み、送料込みで2,500円です。

  1. ホームページから注文する
  2. 注文用紙をファックスする
  3. 郵便で注文する

百町森にチラシ(兼注文用紙)あります

チラシおよびアナログな注文用紙は、百町森にありますので必要な方はどうぞご用命下さい。

百町森店頭でDVDお貸しします

また、百町森にいらっしゃれるかたには、DVDをお貸ししますのでご連絡下さい。ご家族、お友だち同士や何かの集まりで皆さんでご覧になって、現実を知っていただけたらうれしいです。

ミツバチが大量に死んでしまったり、いなくなってしまう現象「蜂群崩壊症候群(ほうぐんほうかいしょうこうぐん)」が2006年くらいから世界各国で起きています。もちろん日本でも。

ミツバチの絶滅まで、あと10年と言っている学者もいるそうです。さらに、いつもミツバチに関わる養蜂家の方々は、「肌感覚ではあと5年かな」とおっしゃっていました(先日見た映画『みつばちと地球とわたし』の中で)。

なんか、ぞっとしました。そういえばメダカ、蛍、ヒバリ、子どもの頃あんなに身近だったものがめっきり遠いものになりました。ミツバチは、蜂蜜を集めるだけじゃなく、大切な受粉という仕事をしてくれています。私たちが普段食べている食べ物の70%はミツバチの受粉がなければ育ちません。

ミツバチの絶滅は、人類の危機なのです。何故、ミツバチが減ってしまったかは色々な要因がありますが、主な原因のひとつが、ネオニコチノイド系の農薬だということがはっきりしてきました。中国の四川省の茂県では長年農薬をまき続け、自然の植物の生態系を破壊した為、ミツバチをはじめとする送粉昆虫(ミツバチ以外にも花粉を運んでくれる生物がいます)がほぼ全滅してしまい、りんごの花が咲くとミツバチではなく人間が特殊な刷毛を使いひとつひとつの花に受粉する作業をしているそうです。

今まで、生態系を破壊するような現実に遭遇するたび、まだ大丈夫、何とかなるんじゃないか、代替があるんじゃないかと、どこかに希望を求めて暮らしてきましたが、もうそんなこと言ってる場合じゃないと思いはじめています。3.11以後、あんなに学んだはずなのに、原発は止まるどころか、再稼動。農薬の基準は甘くなる、種子法は廃止、日本は遺伝子組み換え農産物の承認数309種、米国ですら179種なのにという具合です。知らない間にどんどんどんどん大変なことになっているのです。人間ファーストではない暮らし方に戻したら変わる様な気がします。DVD「ミツバチからのメッセージ」 もおすすめです。 

今年の夏、とっても美しいミツバチとくだもの絵本が出版されました。どちらも愛すべき生涯の友となりそうです。

「ミツバチのはなし」

ピェトル・ソハ絵 ヴォイチェフ・グライコフスキ文 武井摩利訳 2800円+税

大判の絵本です。ミツバチに関するたくさんのことが描かれ、蜂群崩壊症候群、受粉のことなど、新しい情報もたくさん入っています。

ソフィーのくだものばたけ

ゲルダ・ミューラー作 ふしみみさを訳 1700円+税

この絵本にも植物とミツバチの関係がきちんと描かれています。

『ミツバチは、シリーズの前の巻の『ソフィーのやさいばたけ』にも載っているので、ゲルダもとても気にしているのだと思います。』と翻訳したふしみさんがおっしゃっています。

LINE Payをお使いの方に朗報です。通販のお支払い方法として、LINE Payもお使いいただけるようになりました。

郵便局や銀行、コンビニに出向かなくとも、ご自宅でお支払いができるんです。やり方は、当店からお送りしたコンビニ用払込取扱票のバーコードを、LINE Payのバーコードリーダーで読み取るだけ。

使い方

  1. お支払いの選択画面で、「コンビニ払い」をお選びください。
  2. 当店よりお送りしたコンビニ用払込取扱票をご用意ください。
  3. ここから先はLINEアプリでの操作になります。
    1. LINEアプリからLINE Payを開き、[請求書支払い]をタップ
    2. 案内を読んで次へ進むと、コードリーダーが立ち上がる
    3. お手元の請求書のバーコードを読み取る
    4. 画面上に表示されたご請求内容を確認する
    5. 支払いを行う
    6. パスワードを入力する
    7. 支払い完了!完了時点でLINEアプリにお支払い完了のメッセージが届きます。

詳しくは、LINE公式ブログ(上の図も)をご覧ください。

ご注意

カメラの精度によってはご利用できない機種もございます。

私たちの生活の中で、今となっては、なくてはならない便利なプラスチック。スーパーの袋、ペットボトル、コンビニコーヒーのコップやストロー、ラップ等、使い捨てのプラスチック製品があふれています。

確かに使い捨ては楽チンです。しかし、今このプラスチックゴミによる海洋汚染が世界的に大きな問題となっています。海洋生物の体内から大量のプラスチックゴミが見つかっていることが社会の大きなニュースとなっていることはたびたびテレビでも報道されています。

その中でも、私は今回マイクロプラスチックと呼ばれる小さなプラスチックのことを知りました。TBSニュースによると、

プラスチック製品は、世界で年間3億トン以上が生産され、およそ800万トンが海に流出すると推定されている。海岸や海中で、紫外線、風、波の力で、大きな破片がだんだん小さくなっていき、5ミリ以下のマイクロプラスチックになる。例えば、コンビニなどでもらう1枚のレジ袋から、数千個のマイクロプラスチックができるという。大きさが1ミリ以下から非常に細かくなり、その数は、どんどん増えていく。

とのことです。これは、もうリサイクルとかリユースなんて言ってる場合じゃありません。最初から使わない選択「リデュース」の努力が必要です。まずは、使い捨てのプラスチック製品を使わないことから始めませんか?
私も自分の生活を振り返ってみました。私が実践しているのは

  1. ペットボトルでなく、マイボトル(水筒)やマイカップ
  2. マイバッグ持参で、レジ袋を断る。
  3. 固形石けん使用

もっと、自分にできることはないかと、先日コンビニにマイボトル持参でコーヒーを買いに行きました。ところがコンビニのコーヒー販売はマイボトルを想定していない為、なかなか困難でした。

冷たい飲み物は最初からプラスチックのコップに氷が入っている為ダメです。温かいコーヒーは何とか買えましたが、ボトルのサイズがぎりぎりでした。そして、店員さんに説明するのが一番大変でした。コンビニの本部に働きかけなければ機能しないことも解りました。みんながコンビニでマイボトル持参でコーヒーを買ったのなら、だいぶプラスチックゴミも減るのになぁと思いました。

今後は、便利優先ではなく、不便を受け入れる位の心構えで生活できたらと思います。

さて、百町森では、20年位前から、「袋は必要ですか?」とお客様に伺ってきました。徐々にマイバッグ持参の方も増え、皆様の意識も高まってきた中、2010年5月からはレジ袋を廃止しました。8年が経過した現在、店頭ではすっかり定着し、忘れた方のために不要の紙袋を提供してくださる方もいて何とかレジ袋無しでやっています。

夏休み、子どもたちと一緒に考えてみませんか?
おすすめの一冊は

「新・子どもたちが地球を救う50の方法」(地球を救う50の方法制作委員会著/スギヤマカナヨ絵) 1,300円(税抜)

以下はグリーンピースが作った短い動画です。

6月23日は「沖縄慰霊の日」。

1945年のこの日(6月22日という説もあります)、日本軍の牛島司令官が自決したことで、組織的戦闘が終結しました。しかし、最終命令で、最後まで戦え、と命じたばかりに、その後も多くの軍人・住民が犠牲になったのです。岩波ジュニア新書「ひめゆりの沖縄戦」から関連部分を引用します(文中の太字は佐々木)。

住民戦没者はなぜ多いか 村上有慶

四月上旬から五月下旬までの主力攻防戦こそが沖縄戦でした。日本軍の主力部隊の70パーセントは、この攻防戦で死んだり傷ついたりしました。(中略)5月28日、第32軍は首里の司令部を撤退し、南部の摩文仁(まぶに)へと司令部をうつしました。この時点で、軍隊どうしの戦争の勝負はついていました

アーカイブ