ホルツステッキボード(小)丸


ホルツステッキボード(小)丸:ステッキを挿した状態
  • PE-20 ホルツステッキのボード(小)丸
  • 1,200円+税(10%税込1,320円)
  • 買物かごへ
  • 会員価格(5%OFF)
電話でのお問い合わせ・注文・ご予約はこちら。
054-251-8700

ステッキ、ボード共に木製です。木ならではの感触や仕上がりの美しさは子どもの感性を磨いていくことでしょう。

全てのボードはシンメトリーにステッキを並べることができるように穴の数と配置が考えられています。

リモーザのパーツもはまるので、混ぜて遊ぶこともできます。

ステッキを合わせてお買い求め下さい。

平面構成遊びが比較的苦手な子、自閉的傾向がある子には以下を参考にどうぞ。(学習支援に携わっている高橋智子さん(ななつ星代表)のアドバイスから。)

「自閉傾向があり空間の操作が難しい子どもはホルツステッキを使った自発的な遊びが難しいことがあるので、大人用と子ども用同じのを2枚を買って、まずは見本を見ながら親子で横並びで同じものを作るか、親が見本を作ってやり子どもに見せるか、遊びのハードルが下げてやるといいと思いいます。
その時期を越えても板が複数枚あれば作ったものを飾ることもできますし、2枚でひとつの作品とか、線対称になる形を作るとか、という時にも使えるので、2枚買っても無駄にはなりません。
まずは四角い小さいのに、中心や四隅の穴に少し色をつけてやるだけで、空間理解の大きな手がかりになります。
自発的な遊びが、大人が期待するようには出てこなくても大人が作ったものを視界に入れるだけで、自閉の子は間接的な経験値として自分のなかに取り込んでいます。実は「見てる」んですね。
大人が忘れた頃に、ふっと思い出したように作り出したりするので、見本を見せるだけでも価値のあるおもちゃですよ〜。
また具体から抽象の美しさに移行しやすいおもちゃとしても価値があります。
抽象の美しさに気付きだしたら、今度は丸い形の方がおすすめです。
四分の一ずつ色を変えるだけでもきれいですよね。
やはり見本を作ったり飾れたりするように最初から2枚買っておくことがおすすめです。
大きい板の方は子どもがあれをやりたい!と要求してからの方がいいと思います。見通す力、細やかな操作を繰り返す動作性、間違えた時の忍耐など、大きな板に求められる力は大人の想像以上です。」

商品詳細

年齢: 3歳〜小学生
寸法: 11.8cm角
素材: カバ
内容: ボード1枚61穴
製作: Holzwaren Peter Egermann社 (ドイツ)

この商品が含まれる商品カテゴリ・特集

おもちゃ