工作・造形・クラフト

モザイクなどの平面構成遊びや、積み木に代表される立体構成遊びでは、出来上がった「作品」は再び分解されて、もとのパーツに戻ります。でも、創作遊びでは、作品は子どものものとなり、飾ったり、身に付けたりすることができます。

また、使う素材や組み合わせも自由なので、型にはまらない創作ができるのも魅力です。とはいえ、よい材料を用意してやることも大切です。

飾っても美しいからくり玩具

飾っても美しいからくり玩具

部屋の中で砂遊び

コンタモ

重ねて作る立体アート

紙でできたパーツを重ねていくだけで、躍動感あふれる作品が作れるペーパークラフトです。 パーツはあらかじめカットされているので、台紙から簡単に切り離し可能です(ハサミ不要)。番号に従って順番に接着剤でくっつけていきます。 木工用の接着剤が扱いにくい時は、スティックのりでも大丈夫です。 地味な作業で集中力がいりますが、没頭出来ます。 完成したら色を塗って、自分だけの作品にしてみよう!

公式動画

Contour(等高線)+模型から名付けられたコンタモは紙でできたパーツを重ねていくだけで誰でも躍動感あふれる作品が作れるペーパークラフトです。

(パッケージ裏より)

コンタモの特長

  • 集中力を高めてあげます
  • ピースを一つずつ、0.1mmのガイドラインに合わせていく過程で、高度の集中力が要求され、自然に集中力が高まります。
  • IQと EQを高めさせます
  • 模型に対する事前教育と、色塗り、ものづくり、 遊ぶことなどを通じて集中力はもちろん、想像力、推理力、ストーリーテリングなど、教育に感性まで与えます。 また、最先端技術である3Dプリンティングの原理を理解することができます。
  • 組み立てる原理が簡単です
  • ガイドラインにピッタリ合うように、集中して合わせてください。
  • 環境にやさしくて安全です
  • 無毒性段ボール、無塩素漂百パルプ紙など、環境にやさしい材料に、切断面が柔らかいSoft-Edge技術、煤がないAnti-Soot技術で安全性を加えました。

(コンタモカタログより)

コンタモの作り方

はさみを使う

ここで紹介するはさみは、使いながら「はさみを上手に扱うコツ」をしっかり覚えさせてくれる道具です。苦手な操作や力加減を助けてくれるので、「できた!もっとやってみたい!」という喜びと意欲を味わえます。

                
                
                
                

工作遊びの本

  • あそびのレシピ/鈴木洋子
  • 1,600円+税(10%税込1,760円)
  • 買物かごへ
  • K36-6 ミヒャルスキィ 楽しい工作教室(黄)
  • 2,800円+税(10%税込3,080円)
  • 買物かごへ
  • 会員価格(5%OFF)
  • K36-7 ミヒャルスキィ お絵描きと工作(赤)
  • 2,800円+税(10%税込3,080円)
  • 買物かごへ
  • 会員価格(5%OFF)
  • K36-8 ミヒャルスキィ 楽しい木工教室(緑)
  • 2,800円+税(10%税込3,080円)
  • 買物かごへ
  • 会員価格(5%OFF)
  • ヒンメリ フィンランドの伝統装飾
  • 1,900円+税(10%税込2,090円)
  • 買物かごへ
  • 手しごといっぱい!/としくらえみ
  • 1,800円+税(10%税込1,980円)
  • 買物かごへ

シュタイナーが教えてくれた大切なこと

  • キンダーライムなひととき
  • 1,800円+税(10%税込1,980円)
  • 買物かごへ

親子であそぶシュタイナー

自在人形・指人形

                
                
                
                

プレイマイス

                
                
                
                

粘土をこねる

手の平全部を使って楽しむ立体造形。じっくり時間をかけて楽しみましょう。

切り紙で遊ぼう

紙を折ってから、適当にはさみを入れて、その後紙を広げると、意外な模様が現れますよね。開く瞬間、期待でわくわくします。

実は、この遊びは江戸時代に「紋切り遊び」として親しまれていたそうです。しかも、伝統的な紋が現れるような型紙があったんですね。

ここでご紹介する「紋切り型」は、型紙と紋切用紙、読んで楽しいブックレットなどがセットになっています。

カッターを使うので、小学校高学年くらいから。それより小さい子どもと楽しむなら、まずは、はさみだけでできる「もんきりがた らくらくの巻」をお薦めします。

用意するもの

  • カッターナイフ、はさみ:細身のカッターがよい。はさみも便利
  • のり:型紙を紙の上に仮貼りする。後で剥がせるように。
  • 紙:セットに入っている紙は、色上質の黒(極薄)。色や材質を変えても楽しい。
  • カッティングボード:下に敷くと便利。
  • 透明ファイル:できた紋を挟んでおくのに便利だし、きれい。

折り紙

折り紙は、世界に誇る日本の遊びです。折り紙の本がたくさんあるので、子どもの年齢や興味に合わせてお選び下さい。詳しくはお問い合わせ下さい。

神戸ハイから

                
                
                
                

からくりパズル工作キット

からくり創作研究会企画・製作による「からくりパズル工作キット」です。キットに入っている材料は、必要な大きさにカットされ、穴などの加工も済んでいます。説明書を見ながら、ボンドを使って組み立てます(木工用ボンドはご用意下さい)。

自分で作ることで、「からくり」の秘密ががよ〜くわかります。作ったら、友だちに「開けてごらん」と言って手渡すのも楽しいよ。

写真は完成したものに、さらに彩色されています。実際には彩色されていないので、絵の具やペンなどで好きな色を塗って、自分だけのオリジナル作品を作りましょう!

キットに入っているもの

  • カットされ加工された木材(カツラ、合板ほか)
  • 必要に応じて、ピン、磁石など
  • 詳しい作り方説明書

作るのに必要なもの

  • 木工用ボンド
  • 手ぬぐい(手に付いたボンドをぬぐうため)
  • 絵の具など(必要に応じて)

トランスパレントスター

                
                
                
                

ストロースター(麦わらの星)

                
                
                
                

ローズウインドウ

                
                
                
                

ヒンメリ フィンランドの伝統装飾

北欧フィンランドでは、クリスマスになると、麦わらで作ったモビール「ヒンメリ」を飾るそうです。八面体をベースにした形状は、すっきりしていて美しいです。

作り方は下記の本に詳しく書いてあります。麦わらは、専用の細長いものもありますし、ない場合はストロースター用のものを流用してください。

                
                
                

オットーハイドマンの世界

エバマリア・オットーハイドマンは、幼少時代を南ドイツの小さな村で過ごしました。そこでの暮らしや風景が、現在の物語や絵の原風景となっています。

第二次世界大戦が始まり、紙も絵の具も手に入りにくい状況となった時、5×8cmの小さな絵本をつくりました。そして、将来は絵本作家になることを決意しました。

やがて、シュトットガルトのシュタイナー学校に入学、その後アートアカデミー学校で絵を描くための勉強をしました。

卒業後は、オペラ舞台の絵を描く経験を経て、シュタイナー学校で子供たちに絵の描き方を教えました。

1960年、ブレーメンにアトリエを構え、制作活動に励みました。また、小学校の教科書を制作する会社に認められ、教科書の挿し絵を手がけることにもなりました。

1970年、オリジナル絵画をつかったゲームや絵はがきの販売が始まりました、同時に、グラフィックデザインも手がけました。

1980年から、夢であった絵本作家として活躍し、2001年からはベルリンに住み、シュタイナー学校の教科書の絵を描いて、現在に至っています。

手づくり楽器キット

                
                
                
                

ステッチカード

                
                
                
                
おもちゃ