安野光雅の絵本

安野光雅(あんの みつまさ)プロフィール

1926年3月20日 - 2020年12月24日

1926年、島根県津和野町に生まれる。生家は宿屋を営んでいた。1945年応召、復員後小学校の教員を務める。山口師範学校研究科を修了し、1949年、美術教員として上京。公立小学校と私立小学校に約10年間勤務。教員のかたわら、本の装丁などをてがける。

1968年、初めての絵本『ふしぎなえ』を出版(「こどものとも144号、1968年3月号」)。ケイト・グリーナウェイ賞特別賞、最も美しい50冊の本賞、BIB金のりんご賞、国際アンデルセン賞、紫綬褒章、菊池寛賞、文化功労者など国内外の数多くの賞を受賞。津和野町に「安野光雅美術館」、京丹後市に「森の中の家 安野光雅館」がある。

『繪本平家物語』(講談社)『10人のゆかいなひっこし』(童話屋)『絵のある自伝』(文藝春秋)『安野光雅の世界』(平凡社)『小さな家のローラ』(朝日出版社)『本を読む』『本が好き』(山川出版社)『鶴亀高校つるかめざんの歌 校歌より』(岩崎書店)など著書多数。東京都在住。

2020年12月24日、94歳で逝去されました。

だまし絵

安野さんの最も得意とする分野です。見れば見るほど不思議な絵がいっぱい。
                
                
                
                

ことば・文字

だまし絵・数学とならんで、安野さんが得意とするのが、文字やことば遊びです。

                
                
                
                

美しい数学シリーズ

                
                

はじめてであうすうがくの絵本

                
                
                

旅の絵本

安野さんのライフワークとも言える作品。
                
                
                
                
本・絵本