年齢別おすすめおもちゃ

年齢にあわせた百町森のお薦めするおもちゃを紹介します。

0ヶ月からのおもちゃ

初めて出会う「世界」

おもちゃは子どもの自立を助ける道具であり、年齢に応じたおもちゃは発達を促します。これらのアナログのおもちゃは、子どもの五感を育みます。

大人は子どもの遊びを助けてあげなければならないこともありますが、遊ぶ姿を見て癒されたり、自立して遊んでいる間に、次の日課の準備ができたりします。大人の目で良いものを選び、子どもとよい関係を作るのにお役立て下さい。

ここで紹介するのは、ヨーロッパで長く愛されてきた乳児用のおもちゃで、安全性はもちろんのこと、素材・色・重さ・手触り・音色・音量などについて良く考えられたものばかりです。感覚を発達させていく途上にある乳児には、このような落ち着いた優しい刺激がちょうどよいでしょう。

6ヶ月からのおもちゃ

大人のやっていることをよく見て、真似しようとする気持ちがどんどん強くなってきます。お座りからハイハイ、つかまり立ちという体の動きの発達は、大人が相手をしながら励まし、ほめることで、よりいっそう促されます。おもちゃは、子ども自身の動きたい気持ちをふくらませ、動きのきっかけを作ります。

1歳からのおもちゃ

1歳くらいからは、手や指先をたくさん使えるおもちゃを用意して、器用な子になるように環境を整えていきます。スマフォやタブレットを触らせない決意で、五感を育む子育てを目指しましょう。

2・3歳からのおもちゃ

2歳になると、動きも活発になり、自我も出てくるので、親は目が離せなくなります。 そんな時「これで遊んで」と言えるおもちゃと出会うことは、子どもの発達という意味からも大切なことです。また、2歳から色を認識すると言われているので、赤・青・黄・緑といった基本的な色に触れさせましょう。

3・4歳からのおもちゃ

一般に幼児期といわれるこの時期は、豊かな人格形成をしていく大切な時期です。身体機能の発達はより進み、ここに紹介する様々なジャンルの遊びが少しずつできるようになります。
この時期の教育(学び)は環境を通して行われると言われています。
これらの遊びの中には学習の基礎になる大事な要素が含まれているし、子どもは内面に「学ぶ力」を持っているので、愛情をたっぷり注ぎ、生活リズムを作り、よりよい遊び環境を整えれば、バランスのいい成長が自然にできるのです。○○教室に連れて行く必要はありません。

5・6歳くらいからのおもちゃ

一般に幼児期といわれるこの時期は、豊かな人格形成をしていく大切な時期です。身体機能の発達はより進み、ここに紹介する様々なジャンルの遊びが少しずつできるようになります。
この時期の教育(学び)は環境を通して行われると言われています。
これらの遊びの中には学習の基礎になる大事な要素が含まれているし、子どもは内面に「学ぶ力」を持っているので、愛情をたっぷり注ぎ、生活リズムを作り、よりよい遊び環境を整えれば、バランスのいい成長が自然にできるのです。○○教室に連れて行く必要はありません。

小学校低学年からのおもちゃ

小学校での学習が始まると、とにかく勉強にばかり目がいってしまいがちですが、まだまだ遊びは大切です。遊びは、作り出す喜びや楽しみを与えます。また、集団で緊張した心をなごませ、子どもをリラックスさせます。

おもちゃ