柿田のブログ

店主柿田の思いつくまま、気の向くまま、夫婦でライフワークにしている出張お話会の様子や、見に行ったイベント、お客さまからのお問い合せにもお答えします。

小学校でお話会と講演を頼まれ行ってきました。
お話会は自宅近くの小学校にはもう20年ほどほぼ毎月行っています。
講演も学校、幼稚園、保育園でしばしば頼まれますが、保護者会やPTAで頼まれることがほとんどでしたので、今回の様に学校主催のものは珍しいケースです。そして、今回はその後、おもちゃも購入して頂きました。
nakaizu1.jpg

CIMG0234.JPG日時:8月8日(土)19:00〜 百町森・プレイオンにて「平和のための読書会」パート3を開きました。

68%の人が安保法案をこの国会で成立させることに反対というなかで強引に成立させようとする政府、沖縄の人がNOといっているのに強引に辺野古を埋め立てようとしていたり…、一体、民主主義はどうなっているの?

3回目の今回は百町森の近くの古書店「水曜文庫」店主・市原健太さん、戸田書店静岡本店の古川明大さんにも手伝ってもらい、「民主主義って何だ?」というテーマで話したり、本・絵本の紹介をしました。

水曜文庫の市原健太さんは7月に亡くなった鶴見俊輔さんのことを紹介しました。
戸田書店静岡本店の古川明大さんは石井 光太/著『浮浪児1945‐: 戦争が生んだ子供たち』と小野田 寛郎/著『生きる』の2冊の本を紹介しました。
そして、私は鶴見俊介さんの後継者の1人といわれる高橋源一郎さんの本、その他気になる本・絵本を紹介しました。
(↑これは関連する本)

長崎で「子育てあいうえお」の講演

1410nbcnagasaki.jpg「トムテのおもちゃ箱」さんに呼ばれ長崎に講演に行った時にNBC長崎放送のラジオ番組の取材を受けました。
話した内容は私が最近よく話している
「子育てのあいうえお」についてです。

アナウンサーが作っている
放送局のブログ 
にも紹介があります。

実際の放送内容はこちらから聴くことができます。
1408heiwa3.jpg
8月9日(土)18:30〜
「平和のための読書会」パート2を開きました。
今回は「日本国憲法とジョン・レノンのイマジンを比べてみる」という企画。
一般の主婦、お父さん、保育園の先生…など14人の方が来てくださいました。
在日コリアン2世の李恵順(リ・けいじゅん)さんには前回に続いてお手伝いしていただきました。

1978682.jpg
3月22日(土)18:30〜
韓国・朝鮮の本の読む「平和のための読書会」を開きました。
韓流のファンという中学生含め、21人もの参加者が来てくださいました。
在日コリアン2世の李恵順(リ・けいじゅん)さんとその息子の劉瑛哲(リュウ・ヨンチョル)さんにお手伝いしていただき会を進めていきました。
李さんは百町森開店当初からのお客さんで、30年来のお付き合いをさせていただいています。李さんは当時朝鮮学校の先生をされていて、学校に文庫を作ろうとして百町森へ何度もいらしてくださいました。
そしてよく、親子で百町森のイベントにも参加してくださった方たちです。


アーカイブ