【背守り】練習帖


【背守り】練習帖: 【背守り】練習帖:内容物 【背守り】練習帖:作品例 【背守り】練習帖:内容:型紙集、ブックレット、糸、針、薄紙、丸い紙4枚、 段ボール 【背守り】練習帖:  【背守り】練習帖:  【背守り】練習帖:小学生の作品(むすびぶみ) 【背守り】練習帖:小学生の作品(りゅうごま) 【背守り】練習帖:小学生の作品(かごめ) 【背守り】練習帖:小学生の作品(とんぼ)
  • 背守り 練習帖
  • 2,200円+税(10%税込2,420円)
  • 買物かごへ
電話でのお問い合わせ・注文・ご予約はこちら。
054-251-8700

商品の説明

針仕事は苦手でも、工作感覚で作れます。

厚紙と型紙を重ねて針穴をあけ、図案を見ながら糸と針で綴っていきます。できたものは、カードや贈り物に。糸や紙を工夫すれば、さまざまな作品が作れます。もちろん、図案をもとに布に刺繍することもできます。

親子でも楽しめます

背守り練習帖

右の写真は小学生の作品。刺繍というと身構えてしまいますが、紙に穴をあけて、図を見ながら刺すのは工作感覚。キレイな作品を作るというより、作る楽しさに夢中になっているようです。大人と一緒なら小学校低学年からでも大丈夫。親子で一緒に作ることで、「背守り」に込められた母達の思いが伝わるのではないでしょうか。

この「背守り練習帖」は、詳しいブックレットのほか、型紙や糸、針、縫い付ける紙が入っていて、すぐに始められるキットです。

背守り(せまもり)、って?

魔物は背中から忍び寄る。幼い子どもの魂を守るために、母達が着物の背中に縫い取った小さな魔除けのしるし。それが「背守り」。縫い「目」が魔物を睨みます。

大人の着物の背には縫い目が一本スッと通っているのに、子どもの小さな着物にはそれがない。だから背中から魔が入り込まないようにと心を込めて背守りを縫い取りました。

なんて愛らしい図案!

母達が縫い刺した愛らしい図案をたくさんご紹介します。古い産着や祝い着、女学生達が針仕事の練習のために紙に刺した見本帳。それらの古い資料をもとに図案を起こし、型紙をつくりました。「かたち」や風習のむこうに見える祖先達の生きる哲学も解説。母達の時代に思いをはせ、子ども達の時代へと思いを伝えていきたい。

縫い目には力がある。

まずは、厚紙と型紙を重ねて針穴をあけ、図案を見ながら糸と針で綴っていく。そんな工作感覚の楽しみ方を提案します。まるで星をつなげて星座をつくるみたいな面白さ!紙を縫う感覚も新鮮です。できたものはカードにしたりプレゼントに添えたり。気軽に出来て、縫い目に心を込める喜びを味わえます。小さな「背守り」に挑戦してみることで、暮らしに手仕事を取り戻したい。

心をかたちにこめる。

「背守り」の心をかたちをもっと今の暮らしの中で生かしてみたい!そんなあなたに「背守り」の図案を衣類や雑貨に刺繍した素敵な作品もご紹介します。

(出版社案内より)

商品詳細

著: 下中菜穂
寸法: 15.5×14×2.8cm
内容: 型紙48種、糸(3種)、針、薄紙、丸い紙4枚、 段ボール、ブックレット(128ページ)
製作: エクスプランテ (日本)

この商品が含まれる商品カテゴリ・特集

おもちゃ