FIRST LOOK

リトル・アイ 3: いろ・いろ・いろ



リトル・アイ 3: いろ・いろ・いろ:3つ折りになったカードが12枚入っています。

作者からのメッセージ

5ヶ月にもなると、赤ちゃんは、おどろくほどの集中力でものを見、それを信じられないほどの吸収力で記憶していきます。脳の神経組織が、少しずつつながって、やがて全力で活動をはじめるのを、わたしたちはまのあたりにするのです。このカードでは、形はより複雑に、色の組み合わせは、より多彩になりましたが、何のとまどいもなく、さまざまな刺激を楽しむでしょう。赤ちゃんをやさしく腕に抱き、ゆったりと楽しく語りあう時間を共有してください。そして何より大切なことは、さまざまな想像力をはばたかせ、自由にのびのびと語りかけてください。この時期になると赤ちゃんは、活発に動きはじめます。カードを自分の手でさわり確かめるでしょう。そんな時、ためらわずにそっと渡してください。それまでに体験した親と子の対話は、赤ちゃんの心の発達にも、ゆたかに増幅され、やがておおきな愛に満ちあふれるに、ちがいありません。おとなの半分ほどの小さな目は、そのことを確実に伝えているのです。(駒形克己:解説より)

  • LITTLE EYES Bいろ・いろ・いろ/駒形
  • 1,800円+税(10%税込1,980円)
  • 買物かごへ
電話でのお問い合わせ・注文・ご予約はこちら。
054-251-8700

あかちゃんのためのカード絵本

「いない、いない、ばあー」と手をひろげ、 おどけた顔をしてみせる。 それぞれの場面が記憶でき、その変化が楽しいようだ。 ならば、カードで「いない、いない、ばあー」。

(ワンストローク・サイトより)

形の組み合わせと変化がより複雑になり、カードを開けたり閉じたりするたびに、赤ちゃんの関心をつかむよう工夫されています。

これは本ではなくて、3つ折りになったカードが12枚入ったセットです。1作目「はじめてのかたち」では、白と黒のみの最小限の色使い、2作目「どんないろ」では4色の鮮やかな色彩と丸、三角、四角の基本的な組み合わせでしたが、この「いろ・いろ・いろ」では、色の数はそのままでも、塗り方が縞模様や市松模様になったり、穴も数が増えたり、スリット状になったりとより多彩なバリエーションが展開されています。例えば、小さな三角形が9つ(3×3)並んでいるカード。1枚開くと、三角形は穴で、下の色が見えているだけだったという小さな驚きとともに、さらに大きな丸が9つ現れます。さらに開くと、この円も実は穴で、その下にある9つの四角が見えていたという結末になります。

穴の数が増えたりすることで、構成が複雑になるとともに、秩序や規則性というものが現れているのが特徴です。

言葉はありません。赤ちゃんと一緒にゆったりと楽しみながら、語りかけてみて下さい。

商品詳細

年齢: 5ヶ月〜
作者: 駒形克己
寸法: 13.2×13.2cm
内容: 絵カード12枚1組
製作: 偕成社
初版発行日: 1990年7月

この商品が含まれる商品カテゴリ・特集

本・絵本