Grazie, Alex! #02

巨匠が愛したすごろく

今年はアレックス・ランドルフさん生誕100年

2022年は私たちが敬愛するゲーム作家アレックス・ランドルフさんの生誕100年です。彼は1922年にボヘミア地方で生まれ、2004年に81歳でベニスでなくなるまで、数多くのゲームを作りました。あらためて、彼が生み出した素晴らしいゲーム作品と、偉大な功績に感謝したいと思います。

アレックス・ランドルフさんは、子ども向けから大人向け、運勝負のすごろくから戦略ゲームまで、様々なゲームを生み出しました。

その中でもとりわけこだわったもののひとつが「すごろく(もしくはレースゲーム)」でした。彼はこれでもか、というほど、工夫とアイデアを重ね、その成果は、晩年の傑作「すすめコブタくん」で結実しました。

コプタ通信2022年3月号別冊より(PDF版341Kをダウンロード

YouTubeでの配信

1985
自分のコマがない?
色で進むレース

「自分のコマ」という概念がなく、どの色のコマでもゴールさせたら勝ちなので、誰でも勝つチャンスあり。一番最後にゴールさせた人も勝ちというのも斬新。

テンポかたつむり

3才〜/2〜6人/10分/ラベンスバーガー社(ドイツ)

1994
数カードの数だけ
前に移動する

半球状のコマを並べてイモムシに見立てます。「5」のカードなら、一番後ろのコマを一番前に移動することを5回繰り返して前進します。

ワームアップ

6才〜/3〜5人/15〜20分/クロノス(日本)

1996
ひもを巻く間進む
アクションゲーム

写真は「ライネンロス」(Zoch社、2017)

別のプレーヤーが8の字にひもを巻き付けている間、船を動かします。

レッコ!(参考品)(リンク先は「ライネンロス」(Zoch社、2017))

1997年年間ゲーム大賞子ども特別賞
6才〜/2〜4人/10〜20分/ハバ社(ドイツ)

1997
上手に嘘をつくと
勝てるすごろく

筒の中で振ったサイコロを自分だけが見て、コマを進めます。嘘を付いてもいいけど、バレると落とされます。

チャオチャオ... !

8才〜/2〜4人/25〜30分/ドライ・ハーゼン社(ドイツ)+メビウス・ゲームズ(日本)

1999
びゅんびゅん回る
バイクレース

色サイコロで出たマスまで進みます。爽快なスピード感が味わえます。

オートレース/バイクレース(参考品)

4才〜/2〜4人/15分/ドライ・マギア社(ドイツ)

2001
おんぶもうれしい
1の目もうれしい

同じマスに止まったら、すでにいるコブタの背中に乗り、下のコブタが進むときに、一緒に乗せていってもらえます。「1」が出たら、もう一回プレイできるのもうれしい。

すすめコブタくん

2001年年間子どもゲーム大賞ノミネート
4才〜/2〜7人/15〜25分/ドライ・マギア社(ドイツ)

ランドルフNEWS

日本語版「こぶたのおんぶレース」が新登場!

「すすめコブタくん(上参照)」が、20年の時を経て、ついに日本語版になりました。2,530円とお求めやすくなっています(製作:ジーピー)。

この商品が含まれる商品カテゴリ・特集

おもちゃ