枯山水



枯山水:中身 枯山水:庭園ボード 枯山水:に砂防タイルを置いていきます。 枯山水:作庭家カード。それぞれ異なる効果を持ち、1度だけ使うことができる。 枯山水:名庭園カード。指示通りに石を置ければボーナス点 枯山水:砂紋タイル 枯山水:寺院ボードはテーブル中央に。 枯山水:この例はポイント高いです。砂では、渦ボーナス(真円8点、半円2点×2)、石では上段に立石が3つ並んだ三尊石ボーナス(15点)、3つ斜めに並んだ斜め置きボーナス(7点)など。
  • NGO 枯山水
  • 8,000円+税(10%税込8,800円)
  • 買物かごへ
  • 問屋取寄せ品(入荷未定)を予約:
電話でのお問い合わせ・注文・ご予約はこちら。
054-251-8700

美しい庭を造る

発売以後、メディアやSNSで大きな話題になったにもかかわらず、手作業のため量産できないという、なんとも残念な状態が続いたこの「枯山水」ですが、ようやく量産体制が整い、ご紹介できる運びとなりました。

プレーヤーは、自分の庭園に砂を敷いたり、石を置いたりします。もちろん、美しい枯山水を作れば得点が高いのです。

この「美しさ」を決める基準がいろいろあって、苔があるか、砂紋の渦が完成しているか(逆に砂紋がつながっていないとマイナス点)、石の置き方が桂馬跳びか、などなど多岐にわたっています。最初のうちは、ルールの要約(人数分あります)を見ながら遊ぶことになると思います。何回か遊べば、大体のところは頭に入るでしょう。

高得点を狙うために、めくったタイルをどこに置くか、どの石をどこに置くか、といった決断をしつつ、その一方で、同じ種類の石でも、緑っぽいのにしようか、黒っぽいのにしようか、この石の形はうちの庭に合うかも?などと悩みながら自分の庭を作っていく楽しみもあります。私の周りでは女子にも受けています^^。ドールハウス遊びに近い何かがあるような気がします。

なお、子ども向きではなくて大人向きのゲームなので、ご注意ください。

遊び方

手番では(手順1)タイルを1枚めくって、庭に置いたり、人に譲ったりします。(手順2)そして、禅僧駒を移動させたり、石を獲得して置いたりします。

石を獲得するには、「徳」を積む必要があります。タイルを人に譲ったり、手順2で何もせず、座禅を組むと徳が増えるのです。

全員の庭にタイルが置かれたらゲーム終了で、得点計算をします。

商品詳細

年齢: 10歳〜
人数: 2〜4人
時間: 60〜90分
作: 山田空太
画: ママダユースケ
寸法: 42.5×29.7cm(寺院ボード)
箱寸法: 32×23×7cm
素材: 紙、木、樹脂
内容: 寺院ボード、庭園ボード4、砂紋タイル80、カード23、石25、禅僧駒4、円相駒4
製作: ニューゲームズオーダー (日本)
受賞: 第1回東京ドイツゲーム賞大賞受賞
安全性: 3歳未満不可(誤飲の可能性あり)
分類: 戦略

この商品が含まれる商品カテゴリ・特集

おもちゃ