GraviTrax

ラベンスバーガー社がついに出した「進化系」玉の道

あのラベンスバーガーが「玉の道」を作った!

2017年の3月、ラベンスバーガーの秋の新商品として「GraviTrax」の動画(下のような動画です)を見ました。一目見て「めちゃめちゃカッコいい!」と思わず震えました。

メーカー公式動画

動画を観ると、樹脂を使った高精度のシステムであり、わずかな高低差でも確実に玉が転がっていくため、背の高い塔を作らずとも、複雑で長いコースを作ることができる上に、様々なギミック(仕掛け)が用意されていて、かなり遊び込むことができそうな予感がしました。

ラベンスバーガーを扱っている輸入元に尋ねたところ、残念ながら、取り扱う予定はない、とのことでした。「どこかの輸入元でやってくれないかな〜」と思いながら2年近く待ったところ、ついに日本上陸が決定しました!

新しい時代の「玉の道」

ラベンスバーガーといえば、本などの出版物のほか、パズルやボードゲームのメーカーで、世界に販売網を持つ大企業です。内容も素晴らしいし、品質も安定していて、ものすごく信頼できる会社です。そのラベンスバーガー社が本気を出したら「玉の道」がここまで進化してしまいました。

百町森で扱っている「玉の道」は、3歳くらいから遊べる木製のものが中心です。「組立クーゲルバーン」「スカリーノ」「クゴリーノ」などは幼児から遊べます。パーツは大きめで、直感的に遊べるようになっています。一方、「サイロバ」「キュボロ」などは、もう少し複雑で、組み立てながら考えたり、最初から設計図的な見通しを持って、コースを作っていくことが必要だったりします。さらにレベルが高くなると、「フィッシャーテクニック」のダイナミックシリーズがあります。これは一番難しくて、説明書通りに作ることができれば上出来だと思います。その代わり、自由度は高く、慣れればかなり凝ったコースが作れるでしょう。

この「GraviTrax」は、「フィッシャーテクニック」よりも直感的に遊べますが、かなり凝ったコースが作れるという点では、小学校低学年くらいから遊べる最高のおもちゃになるでしょう。

まずはスターター&拡張トラックセットから

ドイツでは、2017年の秋から発売が始まり、アイテムも続々と増えています。

今回、日本で発売されるのは、基本になるスターターセットと、それを補充する拡張セットが2種、そして、単品のギミックに相当する追加パーツが4種類の計7種類が発売されます。

  • 26087 GraviTraxスターターセット122P
  • 8,000円+税(10%税込8,800円)
  • 買物かごへ
  • 会員価格(5%OFF)
  • 26089 GraviTrax拡張トラックセット44P
  • 2,800円+税(10%税込3,080円)
  • 買物かごへ
  • 会員価格(5%OFF)
  • 26090 GraviTrax拡張ビルディングセット29P
  • 2,800円+税(10%税込3,080円)
  • 買物かごへ
  • 会員価格(5%OFF)
  • 26093 GraviTrax追加ループセット7P
  • 1,400円+税(10%税込1,540円)
  • 買物かごへ
  • 会員価格(5%OFF)
  • 26095 GraviTrax追加マグネットキャノン4P
  • 1,400円+税(10%税込1,540円)
  • 買物かごへ
  • 会員価格(5%OFF)
  • 26097 GraviTrax追加ハンマーセット7P
  • 1,400円+税(10%税込1,540円)
  • 買物かごへ
  • 会員価格(5%OFF)
  • 26098 GraviTrax追加カタパルトセット8P
  • 1,400円+税(10%税込1,540円)
  • 買物かごへ
  • 会員価格(5%OFF)
おもちゃ