バックギャモン

バックギャモンの歴史は古く、一説には6000年前のギリシャで生まれた・・・と言われています。日本でも、インド・中国を経て渡来し、江戸時代には盤双六という名前で、すでにあったそうです。これが変形して今に伝わったものが、普通の双六なんですね。

双六と言うと、サイの目の偶然性で勝敗が決まるように思われがちですが、バックギャモンは、冷静な判断と状況分析が必要です。時に直感がモノをいいます。とにかく奥の深い面白いゲームで、江戸時代には庶民の間で大流行し、その高いギャンブル性から、幕府が御法度にしたという話も残っている位です。

私も若い頃、このゲームの虜になって以来、二十年以上の愛好家で、「一番好きなゲームは?」と問われれば、迷わず「バックギャモン」と答えてきました。

今回ご紹介するバックギャモンJBLは、日本バックギャモン協会の公認商品で、素材、サイズ、デザイン等、どこを見ても申し分なく、価格もお手頃。好事家には、豪華版がお薦めです。(相沢)

2つのサイコロを振り、出た目に従って自分のコマを進めて、15のコマ全部をゴールに入れれば勝ち。ルールは簡単ですが、ただの双六と違い、考える要素が多いので、小学校中学年くらいから。2人で遊び、15分くらいで決着が着きます。

1500円+税より

おもちゃ