けむり出し人形

くるみ割り人形とは対照的に、身近な人々をモチーフにしているのが、煙だし人形です。「お偉い人に仕事(くるみ割り)をさせて、自分たちは一服してのんびりしよう」という、日常と正反対の状況を人形たちにさせていたようです。

最初のけむり出し人形は、ザイフェンの東隣にあったハイデルベルク村で生まれました。ゴットヘルフ・F・ハウシュタインが1856年か1857年に、叔父(伯父)のフェルディナンド・フロースと作ったそうです。

残念ながら、ハウシュタイン家のけむり出し人形作りの伝統は、1948年に途絶えてしまいましたが、うれしいことに、1985 年ザイフェンのクラウス・メルテンが典型的な「ハウシュタインけむり出し人形」(細くて長い脚)を再び作り始めました。

ほかにも、個性的なメーカーがたくさんあり、エルツ山地の代表的な工芸品となっています。(どれもお香付き)

(2005年11月 佐々木)

参考文献(右写真も):Erzgebirgische Volkskunst, Hellmut Bilz

ハウシュタイン家の様子(1925年頃の写真)

オリジナルのハウシュタイン(1900年ごろ)は、顔と腕・足が、白亜・膠・ライ麦粉・おがくず・水などを混ぜたペースト(生地)を固めている。クラウス・メルテンによる復刻版もある(特注品)。

ハイコ・ヒリック氏デザインのけむり出し人形

  
RM雲の上のペトロ(吊り)

ネフ社のチーフデザイナーであるハイコ・ヒリック氏は実はエルツ地方の出身です。モダンなデザインを持ち味とする彼が、エルツ出身というのは実に興味深いですね。

そのヒリック氏が、エルツの伝統工芸品のひとつ「けむり出し人形」に挑戦したのが、ペトロを始めとする「Frostnasen フローストナーゼ」シリーズです。フローストナーゼとは、ドイツ語で「凍った鼻」を意味する造語です。確かに鼻の下が寒さで赤くなっています。

脚は見せず、ガウンを下まで垂らした寸胴な感じが特徴的で、どこかユーモラスです。この手法は、ギュンター・ライヒェル社の天使シリーズに通じるものを感じます。また、立てた襟も特長的で、寒さを感 じさせつつも、デザイン上のアクセントになっています。

このシリーズが登場したのが2006年。翌2007年に、ヒリック氏が百町森に来て下さった際に、このシリーズのリーフレットを見せて下さいました。早速、取扱いたかったのですが、取引の頻度の少ないメーカーのため、見送らざるを得ませんでした。

その後も、サンタクロースやおじいさん・おばあさん(2007年)、牧人(2008年)とアイテムも追加され、ヒリック氏の「ギュンター・ライヒェル社の天使のように息の長いシリーズにしたい」という願いが、その通りになりつつあります。

そして今年、「ハイコ・ヒリック作品展」で実物を展示したところ、お客さんの評判もよく、私自身も気に入ってしまったので、予約販売として注文をお受けすることにしました。次回の入荷は未定です。この機会にどうぞ。

(2009年4月8日 佐々木隆行)

RMペトロ RM王様 RMサンタ(もみの木) RM牧人
デザイン:
ハイコ・ヒリック
製作:
ガーレンツ社(ドイツ)
初版:
2006年

PEWOのけむり出し人形


ノイハウゼンの Peter Wolf ペーター・ヴォルフが作るけむり出し人形は、それぞれの職業の道具が細々と作り込んであって、それだけでも楽しい。

NK F甲騎兵
RM医者
寸法:21cmH
備考:前の荷物アップ
RM布地売り
寸法:22cmH
備考:顔アップ後ろの荷物アップ1後ろの荷物アップ2後ろの荷物アップ3
RM養蜂家
寸法:22cmH
備考:前の荷物アップ
  • 146/929 RM医者
  • 11,000円+税(10%税込12,100円)
  • 買物かごへ
  • 146/707 RM布地売り
  • 11,000円+税(10%税込12,100円)
  • 買物かごへ
  • 146/886 RM養蜂家
  • 11,000円+税(10%税込12,100円)
  • 買物かごへ

  NK F狩人
 
 
  RM歯医者
寸法:21cmH
備考:
RM日用品売り
寸法:21.5cmH
備考:顔アップ前の荷物1アップ前の荷物アップ2前の荷物アップ3後ろの荷物アップ2
 
  • 146/930 RM歯医者
  • 11,000円+税(10%税込12,100円)
  • 販売終了
  • 146/356 RM日用品売り
  • 11,000円+税(10%税込12,100円)
  • 販売終了
生活・くらし