ジュニア新書 591

アニメが世界をつなぐ


アニメが世界をつなぐ:鈴木さんが館長を務める「杉並アニメーションミュージアム」 アニメが世界をつなぐ:漫画家を目指して上京。入居したトキワ荘の仲間たちと。 アニメが世界をつなぐ:各章の扉の絵も味わい深い
  • アニメが世界をつなぐ 岩波ジュニア新書
  • 780円+税(10%税込858円)
  • 買物かごへ
電話でのお問い合わせ・注文・ご予約はこちら。
054-251-8700

オバQに登場する「ラーメンの小池さん」のモデル、鈴木伸一さんによる作り手側から見たアニメ史。マンガ家を目指して上京、「トキワ荘」での漫画家仲間との日々、横山隆一さんの「おとぎプロ」でのアニメーション制作、トキワ荘の仲間たちと作ったアニメスタジオ「スタジオ・ゼロ」など、テレビアニメの創成期の実話が満載です。好きなことをやり続けた人の自伝なんですが、「自分が自分が」という押し付けがましいところがなく、むしろ周りの人々、仲間との関係を大切にし続けた人なんですね。そんな人柄、生きる姿勢に学ぶところが多いと思います。

満州での少年時代、〈ときわ荘〉での漫画家たちとの出会い、アニメーターとしてテレビアニメの黄金時代をささえた仕事。いまや博物館の館長として世界中の日本アニメファンを迎え、ユネスコのアジア諸国向け教育ビデオを作り、〈ラーメンの小池さん〉のモデルでもあった著者の世界への挑戦はさらに続きます。(出版社サイトより)

目次

I アニメを発信しつづける、いま
アジアのためにアニメをつくる/文化のギャップはおもしろい/津波の教訓から/アニメをなにかに役立てたい!/杉並アニメーションミュージアムの館長に/アニメーション教育との出会い/世界からの来館者/アニメユニット結成!/いまが一番忙しい! 他
II アニメと漫画を夢見て
生い立ち/満州の生活/漫画との出会い/終戦の日/引き揚げ/長崎から下関へ/母の看病と漫画投稿/いざ東京へ/居候生活 他
III トキワ荘とおとぎプロの青春
トキワ荘に入る/若手漫画家の生活/おとぎプロというところ/家庭的なプロダクション/アニメ作家としてのスタート/日本で最初のテレビアニメ・シリーズ 他
IV テレビアニメ奮闘記
スタジオ・ゼロ始動/『レインボー戦隊ロビン』で軌道に/『オバケのQ太郎』を生んだ/ラーメンの小池さん登場/みんなの「遊び」/コマーシャルの仕事 他
V アニメの世界を歩き続ける
スタジオ・ゼロの解散/立体アニメに挑戦/手塚治虫先生のこと/憧れのアニメーター、キンボール/横山隆一先生のこと/日本のアニメの変遷を見て/注目の海外作家/日本の作家たち/バカなことをやりたい!/未来のアニメ人へ 他
あとがき

内容紹介

みなさんは、チリチリ頭でいつもラーメンを食べている「小池さん」を知っていますか? きっとどこかで見かけたことがある、なんとも忘れられないキャラクターではないでしょうか。

著者の鈴木伸一さんは、藤子不二雄の漫画に登場する、まさにその「小池さん」のモデルとなったアニメーターです。この本では、鈴木さんの満州での少年時代、漫画との出会い、伝説の〈トキワ荘〉での漫画家たちとの楽しく熱い交流、スタジオ・ゼロで昭和のテレビアニメの黄金時代をささえた仕事などを、こまごま思い出しながら楽しく語っています。いまや杉並アニメーションミュージアムの館長として、世界中からやってくる日本アニメのファンを迎え、ユネスコ・アジア文化センターのアジア諸国向け教育アニメーションを作り、G9+1というシニア・アニメ創作グループの活動も楽しみ、〈ラーメンの小池さん〉の新しい世界への挑戦はパワフルに続きます。

ユネスコのアニメ作りは、価値観の違うアジアの国々との共同作業ですが、その体験からも、「アニメはコミュニケーション」という実感が強くなった、と鈴木さん。いろいろな人たちと出会い、「ケンカはしても裏切らない」と、その出会いを大切にしつづけた結果として、「今、ぼくは本当に幸せです」と締めくくっています。

アニメの仕事や、昭和のテレビアニメに興味のある人はもちろん、「仲間は大切」というシンプルで深いメッセージに充ちたこのエッセイは、読めば誰でも前に進む勇気と元気がわいてくることでしょう。 (出版社サイトより)

商品詳細

年齢: 中学生〜
著: 鈴木伸一
寸法: 17×10.5cm
内容: 並製・カバー・210頁
製作: 岩波書店 (日本)
初版発行日: 2008年3月27日

この商品が含まれる商品カテゴリ・特集

本・絵本