ランサム・サーガ 02 岩波少年文庫 172

ツバメの谷(上)


ツバメの谷(上):  ツバメの谷(上):  ツバメの谷(上): 
  • 岩波少年文庫  ツバメの谷 上
  • 800円+税(10%税込880円)
  • 買物かごへ
電話でのお問い合わせ・注文・ご予約はこちら。
054-251-8700

夏休みが来て、彼らは念願のヤマネコ島をふたたび訪れます。でも、思っていたのと何かが違う…。アマゾン海賊もキャプテン・フリントも迎えに来ません。その上、大切なツバメ号が難破してしまうんです。なんということでしょう。私にとっては、船長ジョンは子どもながら実に頼りになる少年だったので、彼の判断ミスでツバメ号が沈んでしまった時には、私自身もがっくりしてしまいました。

でも、彼はへこたれずに沈んだツバメ号を引き上げます。えらいなぁ。そして、キャプテン・フリントが、彼にかける言葉がいい。

「君は船を座礁させたことが、これまでに何回ある?」
「一度もありませんでした。」とジョンがいった。「あんなふうに、強くぶつけたことはありません。」
「そりゃ運がよかったんだ。」とキャプテン・フリントがいった。「はやいおそいはあっても、だれだってやることなんだよ。」

このあとのキャプテン・フリントの言葉を読んでいると、大人ってこうでなくちゃな、という気持ちになります。ここでは、子どもも大人も、実に気持ちよく、よりかからずに立っている感じがします。

ツバメ号がないことは大きな痛手ですが、秘密の谷を見つけてそこに移り住んだり、ほら穴を見つけたり、大きなニジマスを釣ったりと、楽しい夏の冒険が始まります。

『ツバメ号とアマゾン号』の冒険から1年。ウォーカー家の4人きょうだいは、ふたたび湖にやってきましたが、ツバメ号が突風にあおられて沈んでしまいます。船を失った彼らは、新たにみつけた「ツバメの谷」でキャンプをすることに。きびしい大おばさんの監視からやっと逃れたアマゾン海賊も合流し、山登り、カヌーと、陸の上での冒険に乗り出します。(出版社サイトより)

商品詳細

年齢: 小学校高学年〜
作: アーサー・ランサム
寸法: 17×12cm
内容: 並製・カバー・389頁
製作: 岩波書店 (日本)
初版発行日: 2011年03月16日
原著: SWALLOWDALE (1930)

この商品が含まれる商品カテゴリ・特集

本・絵本