岩波少年文庫 052

風にのってきたメアリー・ポピンズ


風にのってきたメアリー・ポピンズ:  風にのってきたメアリー・ポピンズ:  風にのってきたメアリー・ポピンズ: 
  • 岩波少年文庫 風にのってきたメアリー・ポピンズ
  • 720円+税(10%税込792円)
  • 買物かごへ
電話でのお問い合わせ・注文・ご予約はこちら。
054-251-8700

傘を手に空にふわりと浮かんだ女の人・・・。そう、メアリー・ポピンズといえば、この姿だ。でも原作を読んでいる人は意外と少ないのでは?(なんてもったいない!)この作品はまちがいなく古典的ファンタジーの傑作なのに。子どもの頃から何度くり返して読んだかわからない、私にとっては原点とも言うべきとっておきの一冊だ。

お菓子についている金色の紙の星を空にはしごをかけて貼り付ける菓子屋のおばあさんとか、クリスマスの買い物にデパートにやってくるプレアデス星団の七人姉妹の少女とか、誕生日が金曜日だと笑いガスで浮かんでしまうおじさんとか、メアリー・ポピンズといると不思議な人や出来事に遭遇する。そんな突拍子もない出来事にも冷静に優雅にふるまうのがメアリー流。ロンドンの中流家庭で子どもたちの世話をする仕事をしているが、実に優秀で服のボタンなんて目を向けただけで外れてしまう。寝る前にひとさじくれる不思議な薬も魅力的。ストロベリー・アイスからラム・パンチまで相手に合わせて味が変わる。

メアリー・ポピンズには謎めいたところがあるし、とても怖くなれるけれど、暖かみも隠し持っていて安心感は絶大。何より世話をされているマイケルもジェインも彼女が大好き。東風にのってきたメアリー・ポピンズは風が西に変わると行ってしまうが、ご安心。続編でちゃんと帰って来て全部で4作、たっぷり楽しめます。

(築山真希子、コプタ通信07年12月号より)

商品詳細

年齢: 小学4・5年〜
作: P. L. トラヴァース
訳: 林容吉
さし絵: メアリー・シェパード
寸法: 17×12cm
内容: 並製・カバー・296頁
製作: 岩波書店 (日本)
初版発行日: 2000年07月18日
原著: MARY POPPINS (1934)

この商品が含まれる商品カテゴリ・特集

本・絵本