IMMAGINI DELLA REALTA / IMAGES OF REALITY

現実世界のイメージ


現実世界のイメージ: 現実世界のイメージ: 現実世界のイメージ:  現実世界のイメージ: 現実世界のイメージ:
  • OG71 IMMAGINI 現実世界のイメージ
  • 8,600円+税(8%税込9,288円)
  • 買物かごへ
  • 会員価格(5%OFF)
電話でのお問い合わせ・注文・ご予約はこちら。
054-251-8700

1976年のムナーリ作品の復刻

「エディツィオーニ・ペル・バンビーニ Edizioni per bambini」シリーズ

イタリアのダネーゼ社は、子どもの創造力を刺激し豊かにするための「道具」に、1960年代から積極的に取り組んでいました。「エディツィオーニ・ペル・バンビーニ Edizioni per bambini」と名付けられたこのシリーズには、エンツォ・マリが1957年に発表した「16の動物 Sedici animali」や、ブルーノ・ムナーリの「プラス・マイナス Piu e meno」(1970)「本に出会う前の本 I prelibri」(1979)といった名作も多く含まれていました。

時代を先取りしすぎたせいか、販売は思うように伸びず全て廃番となってしまいましたが、近年になって評価が高まり、一部の商品は復刻品が発売されるまでになりました。しかし「名作」の声が高くても、製造コストが高いため復刻できない作品もあるそうです。当時のダネーゼ社が、「ぜひ子どもたちに手渡したい」という高い志と強い使命感を持って、このシリーズを世に送り出していたのは間違いありません。

(2005年8月に百町森で開催した「Edizitoni per bambini 展」チラシより)

以上は、2005年に百町森で、ダネーゼのオリジナル品を展示した際の文章ですが、「近年になって評価が高まり」の通り、2008年には、ムナーリがデザインした商品が3点もコライーニ社によって復刻されたのです。

2018年に開催された「ムナーリ展」の盛況ぶりを見ても、ムナーリの評価は相変わらず高いと感じます。そんな日本の様子を見て、という訳ではないと思いますが、このシリーズが久しぶりに復刻されました。

コライーニ社の意気込みに震えます

今回復刻されたのは、「TRASFORMAZIONI / TRANSFORMATIONS(「いろいろ変わる」お話作りゲーム)」(1975)と、「IMMAGINI DELLA REALTA / IMAGES OF REALITY(現実世界のイメージ)」(1976)の2点。

復刻したのは、イタリアのコライーニ社。ムナーリの作品をコツコツと復刻し続けている出版社です。この「エディツィオーニ・ペル・バンビーニ Edizioni per bambini」シリーズについても、「本を読む前の本」「プラス・マイナス」や「ABCで遊ぼう」など着々と復刻を進めてくれています。ムナーリ関係だけでも

  • 2002年 I PRELIBRI(本を読む前の本)
  • 2008年 PIU E MENO(プラス・マイナス)
  • 2008年 ABC CON FANTASIA(ABCで遊ぼう)
  • 2008年 TANTA GENTE(みんなともだち)

の4点がすでに出版されているので、今回の2点を加えて6点になります。さらに、

  • CARTE DA GIOCO
  • METTI LE FOGLIE
  • STRUTTURE

の復刻を予定しているようなので、ムナーリ作品14点のうち11点をカバーすることになります。しかも、これ以外にも、すでに復刻した「建築積み木MC1」、今後復刻予定の「おさるのジジ」などもあるので、「今出版できるムナーリの作品を網羅してやろう!」くらいの意気込みを感じます。

いろいろな角度から見てみると

さて、この「実物像」(邦題:現実世界のイメージ)は、5つの物(手、鳥、電球、靴、魚)をもっともリアリティのある記録方法=写真を使って表します。その写真も、リアルなカラー写真から始まり、同じアングルの白黒写真、向きを変えた3枚の白黒写真、白黒反転写真と徐々に難しくなります。さらには、言葉が書かれたカードもあって、これがもっとも抽象的な表現方法になります。

しかし、それにとどまらず、よく似てるけど違うものの写真もあります(例えば、手に対して手袋、魚に対して貝など)。「〇〇でないもの」だけど、関連性はあるという高次の概念を体験させる興味深いアプローチです。

大きくてしっかりしたカードがうれしい

カードの大きさは、なんと14.5cm角。CDケースよりも少し大きいサイズです。だから、並べた時の迫力がスゴイ!子どもにとっては、より大きく感じるはずなので、お話の世界に入り込めそうです。厚みもあって(約0.7mm)、ペラペラしていないので、子どもにも扱いやすく、耐久性もありそうです。

1976年版のオリジナルと比較してみると、箱の大きさが小さくなっていますが、カードの大きさや枚数など全く同じ内容になっています。むしろ、元の箱サイズが33cm角(LPサイズ)だったので、コンパクトになったのは朗報です。また、他の復刻作品と共通のデザインで、しかも「プラス・マイナス」とは同じサイズになっているので、並べたり重ねたりした時の統一感がなかなかに嬉しく、ムナーリ・ファンの心をくすぐりますね。

(佐々木)

40枚のカードに印刷された写真を使って、物のいろいろな表現方法を学習します。

(箱解説より)

遊び方

写真が印刷された厚紙カード40枚と白紙のお絵描きカード12枚で構成されています。各カードの寸法は14.5×14.5cmです。イメージは次のように分かれています。

  1. 物(手、鳥、電球、靴、魚)のカラー写真が両面に印刷されている厚紙カード5枚
  2. 同じ物について、白黒写真、ネガティブ写真、右から見た写真、左から見た写真、上から見た写真が印刷されているカード25枚
  3. 間違った物(手袋、巣、ろうそく、足、貝)の写真が印刷されているカード5枚
  4. 同じ物の名前が6ヶ国語(イタリア語、英語、フランス語、ドイツ語、スペイン語、日本語)で印刷されているカード5枚
  5. いろいろな新しい絵を書くための白紙のカード12枚

言葉とイメージの遊び

1人の子どもが1枚のカードを他の子ども達に見せます。見せられた子ども達が、そのカードに印刷された物の名前を言います。続いて、物の名前と、どの位置から撮った写真であるか、白黒なのか、ネガティブなのかなどを言います。他の子ども達は、そのカードを探します。

第2段階では、物の名前が書かれた文字のカードを使います。物のイメージから書かれた言葉へ、あるいは反対に、書かれた言葉から物のイメージへと対応させるようにします。

間違った物を見つける遊び

1つまたは2つのグループ(例えば、手の写真と靴の写真)の写真入りカードを子どもに見せます。その時、形が似ていることや連想から間違って同じグループに入れてしまいそうな物のカード(例えば、手のグループには手袋のカード、靴のグループには足のカード)を混ぜます。子どもたちは、グループに「関係のないもの」を見つけなければなりません。

整理する遊び

子どもたちに1つのグループ、または数グループの写真を配ります(間違ったもののカードは除きます)。子どもたちに、写真の物を見分けさせ、写真の違い(カラー、白黒、方向など)を区別させます。

(説明書より)

商品詳細

年齢: 1歳から6歳
作: ブルーノ・ムナーリ Bruno Munari
作: ジョヴァンニ・ベルグラーノ Giovanni Belgrano
寸法: 15.5×15.5×3.5cm(箱)、14.5cm角(シート)
内容: 52枚(写真カード40枚、白紙カード12枚)
製作: Corraini (イタリア)
初版発行日: 2018年(オリジナル1976年ダネーゼ社)
原著: TRASFORMAZIONI / TRANSFORMATIONS

この商品が含まれる商品カテゴリ・特集

本・絵本