1989年ドイツ年間ゲーム大賞ノミネート

ヒューゴ オバケと鬼ごっこ



ヒューゴ オバケと鬼ごっこ:箱 ヒューゴ オバケと鬼ごっこ:箱の裏 ヒューゴ オバケと鬼ごっこ:初期配置の例 ヒューゴ オバケと鬼ごっこ:出た目の数だけ、自分のコマを動かします。 ヒューゴ オバケと鬼ごっこ:オバケの目が出たら、自分のコマではなく、ヒューゴを3マス進めます。 ヒューゴ オバケと鬼ごっこ:新ルールのイメージ(しかしこの写真は2つの点で間違っています。わかりますか?) ヒューゴ オバケと鬼ごっこ:ボードの周囲の数字が、恐怖ポイントを記録するチャートで、自分のカラーチップを進めます。 ヒューゴ オバケと鬼ごっこ:ヒューゴが一周するたびに時間が進み、ヒューゴのスピードも速くなります。
  • AMG ヒューゴ オバケと鬼ごっこ
  • 2,963円+税(8%税込3,200円)
  • 買物かごへ
  • 会員価格(5%OFF)
電話でのお問い合わせ・注文・ご予約はこちら。
054-251-8700

累計100万セットを売ったパーティーゲームの名作がリニューアル

NIKKEIプラス1子ども部門4位!

たくさんの人数でキャアキャア盛り上がれる楽しいパーティーゲーム「ミッドナイトパーティー」(またの名を「ヒューゴ」)が、2014年に発売25年周年を迎えるのを機にリニューアルされて帰ってきました!

コンパクトな箱になって、よりスリリングな新しいルールになって(従来のルールでも遊べるのでご安心下さい)、お値段も安くなっています。

このゲーム、おばけに追い回されるだけなのに異様に盛り上がります。ルールは、サイコロを振って、出た目の数だけ自分のコマを進めます。でもオバケの目が出たら(2面あるので1/3の確率)、オバケの「ヒューゴ」が3マス進みます。追いつかれたら地下牢行き。部屋に逃げ込めば安全です。連続でオバケの目が出るとあっという間に追いついてきます。スリルたっぷりですよ。

HUGO

初期配置の例。ヒューゴは地下牢の扉の前に置きます。ヒューゴは、オバケの目が出るたびに3マスずつ進み、城の回廊(赤い矢印)に到達したら、あとはゲストコマと同様に、城の回廊を時計回りに周り続けます。ヒューゴに追い抜かれたり、追いつかれると、地下牢に閉じ込められます。

このスリリングなシステムは「ねことねずみの大レース」に受け継がれています。

新ルール

この「ヒューゴ」では、ボードがリバーシブルになって、新しいルールでも従来のルールでも遊ぶことができるようになりました。ボードの周囲が恐怖ポイントチャートになっていて、プレーヤーが恐怖ポイントを受けるたびに、自分のカラーチップを移動します。

ヒューゴが回廊を一周するたびに時間が進み、夜中を過ぎると、ヒューゴが徐々にスピードアップ。朝の4時になるとなんと一度に7マス!も進むので、スリルは最高潮に達します。この恐怖の一周が終わったら、ゲーム終了となります。

「NIKKEIプラス1」何でもランキング 子ども部門4位

前のバージョン「ミッドナイトパーティー」は日本経済新聞「NIKKEIプラス1」何でもランキングの、ボードゲームの「こども」部門で4位!(日本経済新聞 2012年11月24日付/ライフトップ > 味・旅 > 何でもランキング > 記事「大人も夢中「世界のボードゲーム」ランキング」2012/11/25)

商品詳細

年齢: 7歳〜
人数: 2〜8人
時間: 30分
作: Wolfgang Kramer
箱寸法: 37×27×5.5cm
部品寸法: 36×52.5cm
素材: 紙、樹脂
内容: 盤、ゲストコマ30、オバケコマ、サイコロ、マーカーチップ9
製作: アミーゴ社 (ドイツ)
生産国: ドイツ
受賞: ドイツ年間ゲーム大賞ノミネート(1989年)
規格: CE
安全性: 3才未満不可(誤飲防止のため)
初版発行日: 2013年
原著: HUGO
分類:
おもちゃ