発達を支援するおもちゃ

発達障害に早く気づいて早く支援してあげる

特別発達支援
メストネック博士のセラピー教具

知能はそれぞれの得意な働きを持っていて、その得意分野に適した教材を使うことで、知能は矯正され進化する。

南カルフオルニア大学メリー・メーカー博士

メリー・メーカ―博士とラリー・メストネックの出会い

ラリー・メストネックの父親は、旧チェコスロバキアの優れた大工職人として、アメリカに移民して来ました。父親の血を受け継いだメストネックは、南カルフオルニア大学在学中に、知能構造論を研究していたメリー・メーカー博士と出会います。当時のメーカー博士は、知的障害児のIQ改善にドリル練習を考案し、全米の特別発達支援教師やセラピストが学校や病院で使用していました。

現代のモンテッソーリ教具といわれるセラピー教具(TAG Toys)の開発

メリー・メーカ博士の依頼で、メストネックは知能の進化理論から後頭葉(運動系)から前頭葉(意味性・抽象性)への進化を教具に取り入れ、聞く、見る、触れる感覚の互換性を主とした教具を開発し、現代のモンテッソーリ教具(Ultimate Montessori Toy)といわれる評価を得ています。

全米の数々の優秀玩具・教材賞を受賞しています

  • 米国学校教材優秀おもちゃ賞4つ星金賞
  • オッペンハイムおもちゃ賞受賞
  • マガジンベストおもちゃ賞ペアレント受賞
  • 優秀ファミリー企業賞受賞(ロサンゼルスビジネス紙)

保育(幼児教育)は、基礎となる下の部分からひとつひとつの「発達の穴」をうめていく仕事

子どもの知能は、乳幼児からの運動とともに成熟します。保育(幼児教育)は、バケツの穴から水漏れしないように、基礎となる下の部分からひとつひとつの発達の穴をうめていく仕事だといえます。

国際臨床保育研究所では、乳児期の保育理論(赤ちゃんの未熟な運動、正しい姿勢反射)の土台の上に、小学校へ行くまでの基礎的な「書く・聞きとる・読みとる・数える」を、メストネック博士の「知能の構造理論」に基づいてセラピー教具による指導を取り入れています。

小学校に行くまでに

バケツの最上部にある栓は、「読む」「書く」「数える」を表していますが、下の過程をおろそかにすると、その領域から水が流れ出してしまいます。バケツの穴のように、学校教育を受けるための基本的なスキルの発達は順次進んでいくものです。

私たちはまず、子どもたちの教育を受けるためのバケツ下段のスキルが、きちんと身についているかを確かめなければなりません。

感覚統合、運動発達、話す能力、視聴覚、そして概念形成は「土台」であり、この上に読み書き、算数および認知能力が構築されるのです。

おもちゃ