NIKKEIプラス1子ども部門3位!

日本語版ぴっぐテン



日本語版ぴっぐテン: 日本語版ぴっぐテン: 日本語版ぴっぐテン:最初のプレーヤーは、4のカードを出して、「4」と言います。 日本語版ぴっぐテン:2番目のプレーヤーは3を出して、前のプレーヤーが言った数字(4)に自分のカードの数字(3)を加えて「7」と言います。 日本語版ぴっぐテン:3番目のプレーヤーは2を出して、「9」と言います。 日本語版ぴっぐテン:4番目のプレーヤーは、1を持っていれば「ピッグテン」になったのですが、なかったので6を出して、「15」と言います。 日本語版ぴっぐテン:10を超えてしまったので、直前にプレイした3番目のプレーヤーが、これまでに出た4枚のカードを取り、自分の前に伏せて置きます。これが得点になります。
  • メビウス ぴっぐテン日本語版
  • 1,364円+税(10%税込1,500円)
  • 買物かごへ
  • 会員価格(5%OFF)
電話でのお問い合わせ・注文・ご予約はこちら。
054-251-8700

グリムの絵の足し算ゲーム

手札を場に出し、前のプレーヤーが言った数字に、自分の手札の数字を加えた数(「山の数字」と呼びます)を言います。その数は、どんどん増えていきます。もし、ちょうど10になれば素晴らしい!「ピッグテン」と言って、積まれたカードをもらえます。でも、11以上になってしまったら残念!自分ではなく、前の番の人のものになってしまいます。ルールはシンプルですが、勝つためには頭を使います。自分でピッグテンにするか、次の人を11以上にさせるか。よ〜く考えて。

4580215110122_anime.gif

特別なルール

  • ±5:プラス5でもマイナス5でも使えます(山の数字をマイナスにすることはできません)。
  • 0:山の数字をゼロにリセットします。
  • 同じ数:前の人が出したカードと同じ数のカードを出した場合、また、前の人が言った山の数字と同じ数のカードを出した場合、出したカードの数字を山の数字にすることもできます。

足し算ゲームいろいろ(下の関連ページのリンク参照)

カードを出しながら、数を足して、大きくなり過ぎない(ノイは101を超えると、ロボ77は77以上、ぴっぐテンは11以上)ようにプレイするゲームです。ノイとロボ77は、超えた人が負けという「負けを決める」ゲームですが、ぴっぐテンは超えさせた人(攻撃した人)もしくはぴったり10にした人が勝ちという「勝ちを決める」ゲームです。

  • ノイは、それまでの合計に関係なく101にできる101カードが非常に攻撃的で、展開がスピーディーな点、また101になってからの展開が予測しにくく、スリリングな点でおすすめです。
  • ロボ77は、大きい数字のカードが少ないため、展開がゆっくりしています。
  • ぴっぐテンは、基本的に10プラスアルファまでの足し算なので、展開が早く、計算も簡単です。次の人を11以上にさせるという勝ち方以外に、ちょうど10にするという方法もあるのも展開に広がりが出ます。ほかの2つは「負けないこと」が重要ですが、このゲームでは勝たないと得点できません。また、勝った時にもらえるカードの枚数も毎回異なるので、スリリングな展開になります。

「NIKKEIプラス1」何でもランキング 子ども部門3位

日本経済新聞「NIKKEIプラス1」何でもランキングの、ボードゲームの「こども」部門で3位!(日本経済新聞 2012年11月24日付/ライフトップ > 味・旅 > 何でもランキング > 記事「大人も夢中「世界のボードゲーム」ランキング」2012/11/25)

商品詳細

年齢: 6歳〜
人数: 2〜8人
時間: 15〜20分
作: Ayelet Pnueli
絵: Claudia Stoeckl
箱寸法: 11×11×4cm
素材:
内容: カード80枚
製作: ツォッホ (ドイツ)
規格: CE
安全性: 3歳未満不可(誤飲防止のため)
初版発行日: 2010年
原著: Pig10
分類: 運、戦略

この商品が含まれる商品カテゴリ・特集

関連する商品/記事

おもちゃ