赤い聖歌隊と教会


赤い聖歌隊と教会: 赤い聖歌隊と教会: 赤い聖歌隊と教会: 赤い聖歌隊と教会: 赤い聖歌隊と教会:
  • ERZ-204 赤い聖歌隊と教会
  • 7,000円+税(10%税込7,700円)
  • 買物かごへ
電話でのお問い合わせ・注文・ご予約はこちら。
054-251-8700

商品の説明

ザイフェンの教会の前で歌う聖歌隊のモチーフは、多くの工房が作っているオーソドックスなものですが、それゆえに各工房の個性が出ます。

Reiner Flath工房について

Flath家の工芸の伝統は数世代前にさかのぼります。ザイフェン村は長い鉱業の歴史を持つ場所です。鉱業の衰退に伴い、木で作られた製品の生産はますます重要になりました。

Karl August Flath(1821-1888)は、ザイフェンで最後の鉱夫の1人でした。彼はドイッチュノイドルフのFortuna Erbstollenの保証証明書とパスポートを持っていました。パスポートは、鉄道にトンネルを建設するために必要でした。

彼の義理の娘であるMarie Flath(1862-1923)は、ザイフェンのミニチュア馬車の最初の製造業者の1つでした。 1905年に生産を開始し、16種類の荷車を作りました。

Arthur Flath(1887-1961)は、1919年に母の工芸事業を引き継ぎました。ザイフェンのミニチュア馬車について言えば、彼はこれらの車両を細心の注意を払って製造したことで称賛に値します。それはサイドカーの生産にとどまらず、現在私たちの生産の一部であり、会社のロゴにある緑色のDKWを含む自動車も追加されました。

Günter Flath(1932年生まれ)は、工芸の伝統を引き継ぎ、1957年に父親の工芸事業を引き継ぎました。 1978年に叔父の会社で木のおもちゃのマイスターとしてトレーニングを始めました。

Reiner Flath

  • 1954年 生まれる
  • 1973年 木のおもちゃの熟練労働者として卒業
  • 1977年 機械工学の熟練労働者として卒業
  • 1980年 木のおもちゃ職人としてのマイスター試験
  • 1980年以来 独立したマイスター職人

マイスターとして認められ、1980年に自分の工房でザイフェンの民芸品の製造を始めました。制作の一部は、旧モデルをベースにした「ザイフェンミニチュア」で構成されています。かつてのように、彼らは会社で手作りされたブリキの車輪を備えています。

(公式サイトより)

商品詳細

部品寸法: H10.5cm(教会)、H4/5.5cm(聖歌隊)
内容: 聖歌隊5体、チップツリー2本、ザイフェン教会(10×6×6cm)、赤い屋根の家2軒
製作: Reiner Flath (ドイツ)
生産国: ドイツ
原著: Kurrende mit Seiffener Dort, rot, 10cm

商品の仕様(色、材質、形状、パッケージなど)は予告なく変更することがあります。

この商品が含まれる商品カテゴリ・特集

生活・くらし