ボードゲーム デザイナーを目指す人への実践的なアドバイス

ボードゲーム デザイナー ガイドブック



  • ボードゲームデザイナーガイドブック/トム・ヴェルネック
  • 2,200円+税(8%税込2,376円)
  • 買物かごへ
電話でのお問い合わせ・注文・ご予約はこちら。
054-251-8700

自分のゲームをメーカーから出したい人は必読の書

テーブルゲーム、アナログゲームの「コミケ」とも言うべき同人ゲームの祭典「ゲームマーケット」の出店者が年々増加している昨今、絶妙のタイミングで本書が刊行されました。まさに、

ボードゲームのデザインに関わる人のバイブル

です。読んだ上で、参考にするもしないも自由ですが、知ると知らないとでは大きな違いがあります。

例えば、テストプレイについて、これでもかというほど、しつこく詳細に書いてあります。同人で作っている方にも、きっと役に立つことでしょう。

また、メーカー(この本の中では「出版社」)への、売り込み方法についても詳しく書いてあります。出版社から、自分のゲームを出したいと望んでいる人には、大いに参考になることでしょう。

正直、これだけの充実した内容の本が、ドイツ語で(さらに、ほかのいくつかの言語でも)出版されていたなんて、うらやましすぎます。この情報格差はあまりにも大きい。日本のゲームデザイナーが、どれだけ不利(?)な条件で戦ってきたかを、思い知らされます。今回の日本語化は、日本のゲームデザイナー(とその卵)に、非常に大きな影響を与えることでしょう。この出版を機に、日本人のゲームデザイナーたちが、海外のゲーム出版社から、続々とゲームを出す日が来ることになるかも、と夢想します。

翻訳者の小野卓也さん、ありがとうございます。

「ドイツ年間ゲーム大賞」の設立メンバーのひとりであり、ドイツ・ボードゲーム界の第一人者であるトム・ヴェルネックによる、ボードゲーム デザイナーのための実用的なアドバイス本。

幾度もの改定版が刊行され、他言語にも翻訳されている本書は、世界的なロングセラーとして知られている。著者の30年にわたる経験にもとづいた価値あるヒント、具体的なノウハウが満載。

本書は、ドイツのボードゲームジャーナリストが著したゲームデザイナーのためのガイドブックで、デザインから製品化までをトータルにサポートしている。ボードゲームを作ってみたいと考えている初心者から、「ゲームマーケット」に何度も出展しているようなベテランまで、個々の才能を十二分に発揮し、コストパフォーマンスよくボードゲームを製作販売できるようになるためのヒントを与えてくれる。(訳者まえがき より)

トム・ヴェルネック(Tom Werneck)

ボードゲームのエキスパート。ドイツのボードゲーム評論の第一人者である。「ドイツ年間ゲーム大賞」の設立メンバーで、「ドイツ・ボードゲーム・アーカイブ」の設立協力者、「バイエルン・ボードゲーム・アーカイブ・ハール」の所長を務める。『ディー・ツァイト』紙、『フランクフルター・ルンドシャウ』紙のコラムでも知られている。 40作以上のボードゲームを開発した経験から、ゲームデザイナーの問題を熟知しており、ボードゲームに関する本を多数著している。これまでの著作の累計発行部数は、数百万部におよぶ。

小野卓也(おの・たくや)

ボードゲームジャーナリスト。国内最大のボードゲーム情報サイト「Table Games in the World」でニュースやレビューを発信する。著書に『ボードゲームワールド』(スモール出版)、『ドイツゲームでしょう!』(グランペール)があるほか、専門誌、雑誌、新聞などでの執筆も多数。ボードゲームのマニュアルの翻訳も多く手がけている。

(出版社サイトより)

「ゲーム」とは何か、良いゲームとは何かという根本的なところから説き起こし、アイデアの出し方、試作品の作り方、テストプレイの仕方、権利の保護、関連法規の知識、出版社への提案の仕方、プロモーションの方法まで、著者の30年にわたる経験に基づいてトータルにサポート。ボードゲームを作ってみたいと考えている初心者から、ゲームマーケットに何度も出展しているようなベテラン、さらにはドイツのボードゲーム事情に詳しくなりたいボードゲーム愛好者まで、一読をお薦めしたい作品だ。

訳者小野卓也さんが運営するサイト Table Games in the World より

商品詳細

著: トム・ヴェルネック
訳: 小野卓也
寸法: 18.5×12.5cm
内容: 200ページ
製作: スモール出版 (日本)
初版発行日: 2018年5月

この商品が含まれる商品カテゴリ・特集

本・絵本