きょうりゅうがすわっていた


  • きょうりゅうがすわっていた/市川宣子・矢吹申彦
  • 900円+税(10%税込990円)
  • 販売終了
電話でのお問い合わせ・注文・ご予約はこちら。
054-251-8700

商品の説明

クリスマスの絵本であり、6歳の男の子のお誕生日の絵本でもあります。

物語は、「きみが うまれたときのはなしをしようか」とお父さんが話を切り出すところから始まります。 出産準備でママが病院にいた時、パパはマンション10階で1人で食事をしていた。すると、首の長いきょうりゅうが窓から顔をのぞかせ、パパのサラダを食べていった。 おそるおそる窓からのぞくと交差点にきょうりゅうがすわっていた。いくら待ってもきょうりゅうは座ったまま動かない。 それ以来、毎日30個のキャベツを買ってモップにキャベツをのせ、与えたり、パパのきょうりゅうのお世話が始まります。果たして、きょうりゅうが座り込んでいる理由とは…

すべて、男の子に話す口調の文章は、読み聞かせをしていても何か包まれるような優しさを感じます。 ベニヤ板の上に絵を描き、木の割れ目や、細かいふし、上に描いてあることによる、ざらつきもこの絵本の不思議な空想の世界をより豊かに広げてくれている気がします。

(斎藤千紗)

君が生まれる少し前、パパを訪ねてきたのは、巨大な恐竜だったんだ。それからパパは毎日、恐竜にキャベツを30個食べさせたんだけど、ある日、恐竜はパパを背中に乗せて歩き出した。連れて行ってくれたのは、君が生まれたばかりの病院だったんだ――。自分が生まれたときはどうだったのか、子どもたちは知りたがります。そんな疑問に、あたたかなユーモアでこたえる空想物語です。

(出版社サイトより)

商品詳細

作: 市川宣子
絵: 矢吹申彦
寸法: 27×20cm
内容: 32ページ
製作: 福音館書店
初版発行日: 2016年02月05日(オリジナルは2000年)

商品の仕様(色、材質、形状、パッケージなど)は予告なく変更することがあります。記載されているすべての寸法と重量は目安であり、それをお約束するものではありません。

この商品が含まれる商品カテゴリ・特集

本・絵本
教育玩具学校2024
こちらから »
相沢のGW積み木ショー
リアル/見逃し配信 »
乳幼児期のことばを引き出すおもちゃのヒント
オンラインウェビナー »
プレイオン予約
こちらから »
ラッピング
有料で承ります »
遊びと保育.com
百町森の保育サイト »
メルマガ登録
登録無料! »
店内を見る
Googleインドアビュー »
会員について
特典がいろいろ♪ »
会員ログイン
有料会員専用ページ »
ブックぷらす
毎月届く絵本の定期便 »
自由記入でのご注文
サイト未掲載品でもOK! »

休業日は原則発送はありません。