しっぽのはたらき


  • しっぽのはたらき/川田健
  • 900円+税(8%税込972円)
  • 買物かごへ
電話でのお問い合わせ・注文・ご予約はこちら。
054-251-8700

表紙にはパパガイと、何かのしっぽが果実をもぎ取ろうとしている絵が描かれている。

このちょっとだけ見えるしっぽが最初に登場のクモザルのしっぽで、絵がそのページとしっかり繋がっている。

そしてクモザルとそのしっぽの役割が文章で解説される。

その隣のページにはニホンザルのしっぽの部分だけが描かれていて、ページをめくるとその動物やしっぽの解説。

すると隣の…という具合に、この絵本は次にどんな動物が登場するか推測できるようにページが繋がっていて、子どものわくわく感をいやが上にも盛り上げる構成。

よほど絵本のことを知り尽くした人が作ったのだろうと思えば「かがくのとも」第1号だそうだから、松居直氏とかが関わっていたに違いないと推測できる。

そしてこの絵本が1冊1テーマというコンセプトによる新しい科学絵本の幕開けとなったわけね。そう思うとなんだか感無量だ。

(コプタ通信2019年4月号より 柿田)

商品詳細

年齢: 4才から
文: 川田健
絵: 藪内正幸
監修: 今泉吉典
寸法: 26×23cm
内容: 24ページ
製作: 福音館書店
初版発行日: 1969年04月01日

この商品が含まれる商品カテゴリ・特集

本・絵本