みえるとかみえないとか


電話でのお問い合わせ・注文・ご予約はこちら。
054-251-8700

出版社のアリス館のサイトで、ヨシタケさんと伊藤さんの対談が公開されています。

宇宙飛行士のぼくが降り立ったのは、なんと目が3つあるひとの星。普通にしているだけなのに、「後ろが見えないなんてかわいそう」とか「後ろが見えないのに歩けるなんてすごい」とか言われて、なんか変な感じ。ぼくはそこで、目の見えない人に話しかけてみる。目の見えない人が「見る」世界は、ぼくとは大きくちがっていた。

ヨシタケシンスケ

1973年神奈川県生まれ。筑波大学大学院芸術研究科総合造形コース修了。 『りんごかもしれない』(ブロンズ新社)で第6回MOE絵本屋さん大賞第1位、第61回産経児童出版文化賞美術賞、 『りゆうがあります』(PHP研究所)で第8回MOE絵本屋さん大賞第1位を受賞。『もうぬげない』(ブロンズ新社)で第9回MOE絵本屋さん大賞第1位、ボローニャ・ラガッツィ賞特別賞を受賞。『このあとどうしちゃおう』(ブロンズ新社)で第51回新風賞を受賞。その他、著書多数。2児の父。趣味は読まない本を買うこと。

伊藤亜紗(いとう・あさ)

1979年東京生まれ。東京工業大学リベラルアーツ研究教育院准教授。専門は美学、現代アート。 もともとは生物学者を目指していたが、大学三年次に文転。2010年に東京大学大学院博士課程を単位取得のうえ退学。 同年、博士号を取得(文学)。著書に『ヴァレリーの芸術哲学、あるいは身体の解剖』(水声社)、 『目の見えない人は世界をどう見ているのか』(光文社)、『目の見えないアスリートの身体論』(潮出版)、 『どもる体』(医学出版)など。1児の母。趣味はテープ起こしと燻製。

(出版社サイトより)

商品詳細

年齢: 小学生〜
さく: ヨシタケ シンスケ
そうだん: 伊藤亜紗
寸法: 26×19cm
内容: 32ページ
製作: アリス館 (日本)
初版発行日: 2018年07月20日

この商品が含まれる商品カテゴリ・特集

本・絵本