新しい発達と障害を考える本8

なにがちがうの? ADHD(注意欠陥多動性障害)の子の見え方・感じ方


  • 新しい発達と障害を考える本
  • 1,800円+税(10%税込1,980円)
  • 買物かごへ
電話でのお問い合わせ・注文・ご予約はこちら。
054-251-8700

ADHDは行動のコントロールがむずかしい障害。「うっかり」わすれたり、「つい」人の迷惑になることをしてしまったり。そのときは反省しても、また同じことを繰り返すので、あきれられたり……。まわりも困るけど、いちばん困っているのは本人です。ADHDの子どもが失敗した瞬間どんな気持ちでいるのか、そこから理解していけば、きっといい関係が築けます。 わかなさん、かんたくん、まみさん、てっぺいくんが登場、自分のことばで語ります。

[ここがポイント]

  • タイプの違う4人の小学生が、それぞれの見え方・感じ方、行動の意味を話す
  • 日々の生活でありがちな場面、できごとをとらえて構成
  • コミカルで表情豊かなイラストが内面も伝える
  • 特性に合わせてどうするとうまくいくかを、「グッド!」と「NG」の対比で提示
  • 第2章では脳のはたらきとADHDの関係について小学生にもわかるように解説
  • それぞれ違う困っていることの証言ページ、ADHDの知識とつきあい方のポイントQ&Aのページも掲載
  • 何年生でも読めるふりがなつき

目次

はじめに――この本に出てくるおともだちのこと
この本の構成

第1章 ぼくって、わたしって、こんな感じ

  1. わかなさんの場合 「うっかり」わすれる
  2. わかなさんの場合 ぼうっとしている
  3. わかなさんの場合 整理せいとんは苦手
  4. かんたくんの場合 ぱっとやってしまう、言ってしまう
  5. かんたくんの場合 おしゃべりでエネルギッシュ
  6. かんたくんの場合 いろいろ、ひらめく
  7. まみさんの場合 いっつも、まちがえる
  8. てっぺいくんの場合 なぜか、うまくいかない!
  9. それぞれの場合 得意なこともいろいろある

ふりかえってみよう これはグッド! 

第2章 ADHDのこと知って、つきあって

 ADHDについてわかってきたことがある
 こまっている気持ちを知ってほしい
 実力が出せるよう、おうえんしてね!
 ADHD Q&A 知識とつきあいかたのまとめ 

大人の読者の方へ 
参考資料など 

(出版社サイトより)

商品詳細

監修: 内山 登紀夫
編: 高山 恵子
寸法: 26.5×21.5cm
内容: 56ページ
製作: ミネルヴァ書房 (日本)
初版発行日: 2014年02月25日

この商品が含まれる商品カテゴリ・特集

本・絵本