世界と出会える60冊

子どもの本のもつ力


  • 子どもの本のもつ力/清水真砂子
  • 1,600円+税(10%税込1,760円)
  • 買物かごへ
電話でのお問い合わせ・注文・ご予約はこちら。
054-251-8700

清水さんの本の紹介本は、今までもそうだが、本にかこつけて半分以上は自分の世界観や社会批判の持論を展開する。だがそれがうなるほど面白い。

例えば『もりのなか』では元死刑囚袴田巌さんの話がほとんどで「とてつもない不条理を、人はどうしたら正気のままに生きのびることができるのか。・・・空想する力を思います。」と言う。

『わたしたちだけのときは』では「自分が自分でいられる服を身にまといたい。でも、日本だって、それが許されない日々が・・・。平和と言われる現在だって同じ。」と。

『あのころはフリードリヒがいた』では「平和時にすでに戦争の兆しはあちこちに見られること。もちろん自分自身の中にも。」とその作品を読み取る。

結びでは「時空を超えて、お互い人としてつながるために、子どもの本もあるのだ・・・」と嬉しいことも。

児童文学や絵本もフィクションだけど、だからこそ描ける真実があるんだとこの本読むとよーく解る。

(コプタ通信2019年11月号より 柿田)

商品詳細

年齢: 中・高校生〜大人
著: 清水眞砂子
寸法: 19×13cm
内容: 159p
製作: 大月書店
初版発行日: 2019年6月14日

この商品が含まれる商品カテゴリ・特集

本・絵本