ベルリン三部作 岩波少年文庫 622

ベルリン1919 赤い水兵(下)


  • ベルリン1919(下)
  • 1,200円+税(10%税込1,320円)
  • 買物かごへ
電話でのお問い合わせ・注文・ご予約はこちら。
054-251-8700

商品の説明

ベルリンの中で最も貧しいアッカー通りでは、ひとつのベッドを夜勤の人と日勤の人が分け合ったり、戦地から戻った人にその日の夕飯をまるごとゆずったりして、身を寄せ合って暮らしています。

この通りの住人で、13歳の少年ヘレの家に、戦争で片腕をなくした父が帰ってきます。父はまもなく、社会主義を掲げ、革命を訴えるスパルタクス団の一員になります。ヘレも知り合いに頼まれて、秘密の文書を届ける任務を請け負います。

当時、人々は戦争と貧困にうんざりし、工場ではストライキが起きていました。また、一部の水平たちが起こしたストライキが飛び火し、反乱の気運が高まっていました。やがてこのうねりは大きくなり、ついに皇帝を退位させることに成功します。しかし、対立する政治家それぞれの思惑や、スパルタクス団の主張などが入り乱れ、内戦へと発展していきます…。

歴史の教科書で見かけた「11月革命」。本作を読むまで知識は皆無でしたが、読み終えた今、アッカー通りの人々のような当時の生身のドイツの人々に思いを馳せ、また現代に生きる自分たちを省みて、思いを巡らせています。

題名から想像される重みに、ずっと手に取れずにきた作品ですが、いざ読み始めてみると、あたたかみのある正統派の子どもの本でした。アパートの老婆や、父の旧友のオルガン弾き、ヘレが友達になる水平たちなど、登場人物も魅力的。歴史にひるまず手に取れる高学年くらいから、意味を噛みしめられる大人まで、今こそ、広く手に取って頂きたいです。心に響くあとがきも必読です。

(コプタ通信2020年9月号より つきちゃんこと築山真希子)

商品詳細

作: クラウス・コルドン
訳: 酒寄 進一
カバー画: 西村ツチカ
寸法: 17×12cm
内容: 398ページ
製作: 岩波書店 (日本)
初版発行日: 2020年02月14日

この商品が含まれる商品カテゴリ・特集

本・絵本