北風のうしろの国 下


  • 岩波少年文庫 北風のうしろの国 下
  • 760円+税(8%税込821円)
  • 買物かごへ
電話でのお問い合わせ・注文・ご予約はこちら。
054-251-8700

読み手の年齢によって味わいが変化しそうな作品。

あらすじ

19世紀のロンドン郊外。

お屋敷の御者の息子ダイアモンドは、ある晩北風に話しかけられて寝床を抜け出します。

別の晩には北風に誘われてロンドンへ行き強風にあおられていた女の子を助けます。

翌週の昼間父とロンドンへ出かけたダイアモンドは通りで女の子に再会します。

その後も北風とのつきあいは続き、やがて彼は北風のうしろの国へ…。

そこの人々は「満足そうだったけど、ちょっとだけ悲しそう」で、「いつかそのうち、もっとうれしくなるのを、待ってるみたいに見えた」といいます。

帰ってきたダイアモンドは母親から自分が重い病気だったと聞かされます。

同じ頃お屋敷のご主人が破産しダイアモンドの父も失業します。

ダイアモンドは貧しい暮らしを不安がる両親を慰め、父が病気になると辻馬車の御者として働きます。

やがて彼は裕福な紳士と知り合ってあの貧しい女の子や父に幸運をもたらします…。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

賢く純真なダイアモンド少年と謎めいて哲学的な北風の会話が印象的。実は以前別の訳で読みかけて挫折したのですが、今回は最後までしっかり楽しみました。

比喩や風刺の散りばめられた語り口、現実と幻想が入り混じる独特の雰囲気はこの著者ならでは。

同じ著者の「お姫さまとゴブリンの物語」より現実の部分が多く躍動感があるように感じます。

(コプタ通信2016年5月号より 築山真希子 つきちゃん)

商品詳細

年齢: 小学高学年〜
作: ジョージ・マクドナルド
訳: 脇 明子
さし絵: アーサー・ヒューズ
寸法: 17×12cm
内容: 334p 
製作: 岩波書店
初版発行日: 2015年10月16日

この商品が含まれる商品カテゴリ・特集

関連する商品/記事

本・絵本