キンダーメモリー


キンダーメモリー:箱表面 キンダーメモリー:カードの例。 キンダーメモリー:りんごと虫食いりんご、りんごの木となしの木のように、わざと紛らわしくした絵もあります。けむりや雲、空や波など共通するモチーフがあるので、細部に自然に注目します。 キンダーメモリー:「おもちゃの王様」(相沢康夫)より
  • キンダーメモリー
  • 1,500円+税(8%税込1,620円)
  • 買物かごへ
  • 会員価格(5%OFF)
電話注文もできます。
054-251-8700

メモリーの定番

神経衰弱のゲームです。こういう絵合わせは真剣勝負をしても、大人が負けてしまうから子どもは大好き。トランプでやるよりも面白い。こうした絵あわせのゲームは文字を習う前にやっておくと、その準備にもなると言われています。

ここがお薦め

  • トランプの神経衰弱と違い、素敵な絵が描かれているので、子どもも覚えやすく、盛り上がります。
  • 似たような図柄もわざと混ぜてあるので、違いを見分ける目も養われます。
  • 枚数を減らしたり、ロットという遊び(下参照)にすれば、小さな子でもOK。
  • 他にも、「好きッ!」で紹介されているお話を作る遊びなど、色んな遊び方ができます。
  • カードに描かれたモチーフが、「汽車」「ふくろう」など、一つの名詞だけで説明できる、子どもにも親しみやすいものがわかりやすくシンプルに描かれています。「1頭のクマ」と「クマの家族」のように形容詞の必要なものはほとんどありません。

遊び方

  1. 全てのカードを伏せて場に広げます。
  2. 順番に2枚のカードをめくります。2枚のカードが同じ絵なら、それをもらい、違っていたら伏せます。
  3. 最後に持っているカードの多い人から勝ちです。
  4.     
  5. 3歳くらいの時は、同じ絵の一方だけ裏返しておき、表になっているカードから9枚ほどを自分の前に出して、それを裏向きの中から持ってくるという遊び(これはロットという遊び)にすると、運でも勝てる易しいゲームになります。

商品詳細

年齢: 4歳〜
人数: 2〜8人
時間: 15分
絵: Hermann Wernhard
箱寸法: 18×11×3.5cm
部品寸法: 5cm角(カード)
素材:
内容: カード66枚
製作: ラベンスバーガー社 (ドイツ)
規格: CE
初版: 2000年
原著: Kinder memory
分類: 記憶、集中、認識

この商品が含まれる商品カテゴリ・特集

おもちゃ