ウミガメの島



ウミガメの島:  ウミガメの島:ボード表面 ウミガメの島:  ウミガメの島:  ウミガメの島:たまごカード ウミガメの島:裏面は夜の風景です。 ウミガメの島:こぶたとカメのコラボレーション!!
  • メビウス ウミガメの島日本語版
  • 2,545円+税(10%税込2,800円)
  • 買物かごへ
電話でのお問い合わせ・注文・ご予約はこちら。
054-251-8700

リスタート覚悟のサイコロ度胸

カードを集めながら島を回るレース

「こぶたのかけっこ」(2001)の作者アレックス・ランドルフさんの名作が40年の時を経てリメイクされました!

南の島の周囲を泳いで回って、砂浜にたどり着くと、たまごカードがもらえます。ゴールはなく、カードがなくなるまで回り続け、卵の数の合計が多い人が勝ちです。

サイコロ3個まで振れます!

このゲームの特徴は、合計が7を越えなければ、2個目3個目のサイコロが振れること。しかも、進む数も2倍3倍になってお得なんです。3個振って合計が7なら、その3倍の21マスも進めるんです。でも、8以上になると即いかだに戻されます。このスリルがたまらない!

おんぶもあるけど…

「こぶた」みたいに下のカメに連れて行ってもらえますが、カメの場合は「支配者」的です。つまり、下のカメが進んだにも関わらず、たまごカードがもらえるのは、一番上のカメだけ。しかも、2個目3個目のサイコロを振るかどうかも一番上のカメが決めるのです。上に乗ると結構有利な展開になりそうですね。

振ったサイコロの数だけ倍になる

サイコロは1個振って終わりにすることもできますし、2個目を振ることもできます。その場合は、2個のサイコロの目を足した数を2倍します。さらに、3個目を振るとなんと3倍できるんです!ただし、サイコロの目の合計が8以上になった時点で、即いかだに戻されるので注意!

上写真の説明:青の番です。3マス以上進めば、たまごカードがもらえます。1個目のサイコロは1。 次のサイコロを振るかどうかを決めるのは、青でなく一番上の赤プレーヤー。もし2個目も1だったとしても、(1+1)×2 = 4で、4マス進み、赤がたまごカードをもらいます♪

商品詳細

年齢: 7歳〜
人数: 2〜7人
時間: 30分
作: アレックス・ランドルフ
絵: Klements Franz
日本語版制作: メビウスゲームズ
寸法: 43×43cm(盤)
箱寸法: 22.5×22.5×5cm
部品寸法: L4.5cm(カメ)
素材: 紙、木
内容: 盤、コマ7、カード24、サイコロ3
製作: franjos Spielverlag (ドイツ)
生産国: 中国
規格: CE
安全性: 3歳未満不可(誤飲防止のため)
初版発行日: 2015年
原著: Mahé
分類: レース
おもちゃ