魔女の踊り


魔女の踊り: 魔女の踊り: 魔女の踊り:
  • RAV 魔女の踊り
  • 2,800円+税(10%税込3,024円)
  • 販売終了
  • 会員価格(5%OFF)
電話でのお問い合わせ・注文・ご予約はこちら。
054-251-8700

魔女たちが入り乱れてのダンス

正体がわからない状態で、魔女コマが輪をぐるぐると回ります。自分のコマ全てをうまく出口に入れれば勝ち。と書くと簡単そうに思えますが、実際にやってみると、どれが自分のコマかわからなくなってしまいます。みんなで「あれ〜?」「これかな〜?」などと言いながら、ふわっとした記憶の中で楽しみます。

遊び方

  • プレーヤーは自分の色の魔女コマ(4人プレイなら3個)をスタートマスに置きます。サイコロを振って、出た目の数だけ自分の魔女コマを踊りの輪の中に時計回りに進めます。ゴールとなる出口は1周近く進んだところにあります。
  • スタートマスの自分の魔女コマを全部踊りの輪の中に入れたら、いよいよ本格的にゲームが始まります。この段階では、どの魔女コマを進めても構いません。というか、やっているうちにどれが自分のコマか確信が持てなくなります。
  • すでにコマがいるマスに止まる場合、すでにいるコマが7マスバックします。そこにすでにコマがいたら、そのままさらに7マスバックします。誰もいないマスに到達したら、コマを裏返して正体を確認してから置きます。
  • 自分のゴールにコマを入れたら、正体を確認します。もし他のプレーヤーのコマだったら、そのプレーヤーのゴールにコマを置きます。
  • 全ての自分のコマをゴールさせたら勝ちです。

ここがおすすめ

  • 最初は自分のコマはわかっていますが、ゲームが進むにつれ、みんな「あれ?」「あれ?」となってきます。この「なんだかよくわからない」感じを共有するのが楽しい。
  • 同じマスに止まると、もといたコマが「7マス」も戻り、そこにコマがあったら、さらに「7マス」戻るという、この大胆なルールが素晴らしい。上手く使えば、普通に時計回りに前進するよりも、バックした方が近回りになることもあります。
  • わざと他の人のコマを動かして混乱させたり、他の人がゴールさせようとしているコマをわざとゴールを通過させたりと、色々な戦略が使えます。

商品詳細

年齢: 8歳くらいから
人数: 2〜6人
時間: 30〜45分
作: Björn Hölle
イラスト: Grahm Howells, Walter Pepperle
箱寸法: 37×27×5.5cm
部品寸法: 52.5×36cm(盤)
素材: 紙、樹脂
内容: 盤、魔女コマ25、魔女チップ30、サイコロ
製作: ラベンスバーガー (ドイツ)
生産国: チェコ
規格: CE
安全性: 3歳未満不可(誤飲防止のため)
初版発行日: 1988年
原著: Hexentanz -Das verhexte Verwirrspiel
分類: 記憶、すごろく
おもちゃ