ハゲタカのえじき


ハゲタカのえじき:パッケージ裏面 ハゲタカのえじき:ハゲタカカードは-5から10まで15枚。これを取り合います。 ハゲタカのえじき:数字カードは1から15まで15枚。各プレーヤーは1色15枚を使います。 ハゲタカのえじき:プラス7のハゲタカカードを取る場合:一番大きい数字カードを出した人(この場合10を出した赤)がハゲタカカードをもらいます。 ハゲタカのえじき:もし一番大きい数字が2枚以上出た場合(ここでは10が2枚)、この2枚は打ち消し合って権利を失います。次に大きい数字を出した人がハゲタカカードをもらいます。
  • メビウス ハゲタカのえじき(日本語)
  • 1,389円+税(8%税込1,500円)
  • 買物かごへ
  • 会員価格(5%OFF)
電話でのお問い合わせ・注文・ご予約はこちら。
054-251-8700

シンプルな競りゲーム。手札を使って獲物(ネズミカード)を奪い合います。得点の高いネズミを取るには強いカードが必要です。でも、同じ数を出した人がいたら、勝てないので要注意。思いきりと駆け引きが必要です。

ここがお薦め

  • ルールはとても簡単ですが、他のプレイヤーの出方を読まないと勝てません。奥の深いゲームです。
  • アレックス・ランドルフさんの傑作ゲーム

遊び方

  1. 数字カードは色別に分けて、各プレーヤーに配ります。どの色も15枚あり、1〜15の数字が書いてあります。得点カード15枚は、よく切って山にします。
  2. 得点カードの山の一番上のカードを1枚めくって表にします。
  3. 各プレーヤーは手札から任意の1枚を前に伏せます(せりのイメージです)。
  4. 全員が揃ったら、手札を表にします。
  5. 得点カードを取る人を次のルールで判定します。使った数字カードは流します。
    • 得点カードが正の数の場合、一番大きい数字を出した人がもらえます。
    • 得点カードが負の数の場合、一番小さい数字を出した人がもらいます。
    • ただし、同じ数字を出した人がいたら、その人たちはもらう資格がなくなり、次の人がもらいます(下図)。
  6. 15回勝負をしたらゲーム終了です。得点カードを合計して、一番多い人が勝ちです。
ハゲタカのえじき

商品詳細

年齢: 7歳〜
人数: 2〜6人
時間: 約15分
作: アレックス・ランドルフ Alex Randolph
コンポーネントデザイン: 四丁目ファクトリー
箱寸法: 9.5×12×2cm
部品寸法: 5.6×8.7cm(カード)
素材:
内容: 数字カード90枚、ハゲタカカード15枚
製作: メビウス (日本)
生産国: ドイツ
規格: CE
初版発行日: 2011年
原著: Hol's der Geier

この商品が含まれる商品カテゴリ・特集

おもちゃ