岸辺のヤービ


  • 岸辺のヤービ 1501
  • 1,600円+税(8%税込1,728円)
  • 買物かごへ

設定は現代らしく、変わりゆく人々の暮らしや自然に思いを馳せるきっかけにもなりそうな話。

あらすじ

表紙の、木の枝に腰かけている不思議な生き物、これがヤービです。

この小さな種族には独自の文化があります。

ヤービの暮らしぶりを私たちに紹介してくれたのは、丘の上の寄宿学校で教師をしている「ウタドリさん」です。

彼は、丘を下ったところの小さな湖で、岸辺の鳥の巣の中のヤービと出会いました。

互いにびっくりして見つめ合ったあと、ウタドリさんは手にしていたミルクキャンディをヤービの前に置きます。

このミルクキャンディがヤービのいとこの命を救い(くわしいいきさつは読んでみてのお楽しみ)、後日感謝を伝えにきたヤービと親しくなった…というわけです。

蜂飼いをしているヤービ一家や鳥に乗れる隣人のベック族たちの生活やささやかな冒険、周囲の自然がていねいに描かれています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

どこか懐かしい語り口の物語と今どき珍しいケース入りの凝った製本、こういうの好き、という方も多いことでしょう。

すぐ近くにいるのに姿を見せない小さなひとを想像したことのある方には特におすすめです。

(コプタ通信2016年2月号より 築山真希子 つきちゃん)

商品詳細

年齢: 小学高学年〜
作: 梨木香歩
画: 小沢さかえ
寸法: 21×16cm
内容: 232p 
製作: 福音館書店
初版: 2015年9月9日

この商品が含まれる商品カテゴリ・特集

本・絵本

<__trans phrase="run-periodic-tasks script is running...">