絵本「ぐりとぐら」のすべて。

ぼくらのなまえはぐりとぐら


ぼくらのなまえはぐりとぐら:  ぼくらのなまえはぐりとぐら:  ぼくらのなまえはぐりとぐら: 
  • ぼくらのなまえはぐりとぐら
  • 1,700円+税(8%税込1,836円)
  • 買物かごへ
電話注文もできます。
054-251-8700

「ぐりとぐら」の世界をさまざまな角度からまるごと楽しむ

幼いころ楽しんだ「ぐりとぐら」の思い出を懐かしく思い出す人、いま子どもといっしょに「ぐりとぐら」を楽しんでいる人……「ぐりとぐら」を愛するすべての人に、ぜひ読んでいただきたい本です。

著者が明かす、シリーズ誕生の舞台裏

生みの親の中川李枝子さん・山脇百合子さんが、「ぐりとぐら」の名前の由来や、制作の秘密などを語ります。また、シリーズ各作品の編集者によるこぼれ話も紹介しています。

読みごたえのある「ぐりとぐら」作品論

長谷川摂子、中村柾子、青山南、大倉宏各氏による「ぐりとぐら」作品論や、市川実日子、小林ケンタロウ、石田ひかり、糸井重里、紺野美沙子各氏ほかによる「ぐりとぐら」エッセイを掲載しています。

ぐりとぐらの世界・総チェック!

「ぐりとぐら」と仲間たち、ふたりのファッションや暮らしをいろどる小物たちを、まとめて紹介します。

物語にちなんだ料理・手芸

あこがれのカステラや、『ぐりとぐらのおきゃくさま』に登場するクリスマスケーキなどのレシピを公開。さらに、手袋で作る小さな「ぐりとぐら」人形や、子どもが実際に着られる「ぐりとぐら」のつなぎと帽子の作り方も紹介します。

各国語での「ぐりとぐら」朗読を収録

『ぐりとぐら』はこれまでに、10の言語(英語、中国語、韓国語、タイ語、クメール語、デンマーク語、フランス語、オランダ語、シンハラ語、エスペラント語)に翻訳されて、海外の子どもたちの手にわたりました。付録のCDには、このうち9つの言語による、『ぐりとぐら』冒頭部分の朗読が収められています。また、英語、中国語、韓国語については、『ぐりとぐら』の全文を収録しています。

ぐりとぐらの歌

『ぐりとぐら』の最初の場面でふたりが歌う「ぼくらのなまえはぐりとぐら……」という歌、みなさんはどのように歌っていますか? この本では、読者の方が応募してくれた楽譜を116編紹介します。また、そのなかの10編は杉並児童合唱団の歌で付録のCDに収録しました。

この本を作ったのは…

月刊誌「母の友」編集部です。「母の友」は、毎月のタイムリーな特集記事のほか、絵本、料理、健康、映画、時事問題などを取り上げ、幅広く「いま」を伝える雑誌です。子育て中のお母さんと、子どもに関わるすべてのひとにおすすめします。

(出版社サイトより)

商品詳細

編: 福音館書店「母の友」編集部
寸法: 21×17cm
箱寸法: 19×13.5×2.5cm
部品寸法: 8.8×6.4cm(札)
内容: 240ページ、付録CD
製作: 福音館書店
初版: 2001年10月25日
分類: かるた

この商品が含まれる商品カテゴリ・特集

本・絵本

<__trans phrase="run-periodic-tasks script is running...">