ロシアの昔話

きつねとうさぎ


  • きつねとうさぎ/ロシアの昔話
  • 1,200円+税(8%税込1,296円)
  • 買物かごへ
電話注文もできます。
054-251-8700

ノルシュテインのアニメーション作品にもなったロシアの民話の絵本です。

きつねに家をとられてしまったうさぎのために、おおかみや、くまや、うしが次々ときつねを追い出そうとしますが、きつねの恐ろしさにみんな逃げだしてしまいます。うさぎが野原で泣いていると、今度はおんどりがやってきて、いっしょにきつねを追い出そう、と言います。さあ、どうなるでしょう。 ロシアの昔話がダイナミックかつユーモラスに描かれ、ロシアのフォークアートの味わいが全編に漂う美しい絵本。

著者プロフィール

フランチェスカ・ヤルブーソワ Francheska Yarbusoza

1942年、アルマータ(カザフスタン)で生まれ、モスクワで育つ。普通の学校に通うかたわら12歳から美術学校に通う。1967年にモスクワ映画大学美術学科を卒業。連邦動画スタジオに就職し、アニメーションの美術監督として働く。ノルシュテイン監督による作品「きりのなかのはりねずみ」、「話の話」の美術監督として繊細で美しい映像を実現する。ノルシュテインとは、私生活でもパートナーである。フラーニャの愛称で親しまれる彼女の仕事は「フラーニャと私」(徳間書店・ジブリ出版部編集)で大きく紹介されている。絵本の仕事に「きりのなかのはりねずみ」(福音館書店)がある。

ユーリー・ノルシュテイン Yury Norshteyn

1941年、ロシア・ペンザ州アンドレーエフカ村(疎開先)で生まれる。1943年からモスクワ在住。1961年にアニメーション美術上級コースを卒業し、連邦動画スタジオに就職。絵画に転校しようと美術学校入学の試験準備を始めるが、セルゲイ・エイゼンシュテイン全集に触発され、アニメーション監督の道を選ぶ(エイゼンシュテインはソ連映画の開拓者で、モンタージュ理論により映画芸術に大きな功績を残した人物)。監督として手がけたアニメーション作品に、「きつねとうさぎ」「あおさぎとつる」「話の話」「きりのなかのはりねずみ」などがあり、世界的に高い評価を得ている。「ユーリー・ノルシュテインの仕事」(ふゅーじょんぷろだくと)で、その活動が集大成されている。35人の世界の監督が共同で制作した連句アニメーション「冬の日」では芭蕉の句を担当。現在、ゴーゴリ原作の「外套」のアニメーションを長期にわたって制作している。

こじまひろこ 児島宏子

東京都出身。1972年に日ソ学院(現、東京ロシア語学校)本科卒業後、モスクワ大学ロシア語教師養成セミナーで研鑽を積む。以後、映画、音楽分野で通訳、翻訳、執筆などに従事。訳書に「ソクーロフとの対話」(河出書房新社)「チェーホフが蘇る」(書肆山田)「きりのなかのはりねずみ」(福音館書店)「アオサギとツル」(未知谷)「チェブラーシュカ」(平凡社)「フラーニャと私」(徳間書店・ジブリ出版部編集)などがある。

(出版社サイトより)

商品詳細

年齢: 3才から
絵: F・ヤールブソワ
構成: Y・ノルシュテイン
訳: こじま ひろこ
寸法: 31×22cm
内容: 32ページ
製作: 福音館書店
初版: 2003年11月15日

この商品が含まれる商品カテゴリ・特集

本・絵本