相沢のこだわり絵本

とにかく、私が好きで面白いと思っている本を、対象年齢など何も考えず選んでみました。

(相沢康夫)

  • ことばのこばこ/和田誠
  • 1,748円+税(8%税込1,888円)
  • 買物かごへ
ぼくからみると
高木仁三郎 文/片山健 絵
26×23cm 28p
文章の故・高木仁三郎は、知る人ぞ知る、脱原発系の科学者です。視点を変える、別の所から見る・・・という事の大切さを見事に描ききっています。片山健の絵が力強い。
重版未定
ぼく、お月さまとはなしたよ
フランク・アッシュ/山口文生 訳
20×20cm 32p
クマというキャラクターがちょっと抜けてるという約束事を作ったのは、A.A.ミルンでしょうか?この本のクマくんもバカなんだけど、ホントにホントにやさしいんだよね。誕生日プレゼントにも最適の本。
  • ばく、お月さまとはなしたよ/F・アッシュ
  • 1,200円+税(8%税込1,296円)
  • 買物かごへ
おふろやさん
西村繁男
27×20cm 32p
細部の細部まで、絵本を愉しみたい方にお薦めするのは、何と言っても西村繁男ですね。見どころ盛り沢山、人間くさくて、ちょっと懐かしい西村ワールドを存分にお楽しみ下さい。
  • おふろやさん/西村繁男
  • 900円+税(8%税込972円)
  • 買物かごへ
ふくろうくん
アーノルド・ローベル/三木卓 訳
21.5×15.5cm 64p
「がまくんとかえるくん」シリーズで有名なローベルですが、私が選ぶ一冊は絶対コレ!主人公以外誰も登場人物の出てこないフシギな絵本です。笑える、ちょっとしんみりする、共感できる。
  • ふくろうくん/アーノルド・ローベル
  • 854円+税(8%税込922円)
  • 買物かごへ
ポップアップ ヒトのからだ
立体・人体構造図

ジョナサン・ミラー、デビッド・ぺラム/大利昌久 訳
31×22cm 12p
表紙からして「引いちゃう」子がいるかもしれません(対象年齢は考えて下さい)。どのページもどのページも、すごい仕掛けが盛りだくさん。中でもビックリなのは、自分で自分の体を開いちゃうページでしょうか?
品切れ再版未定
おなかのすくさんぽ
片山健
27×20cm 32p
「SEX入ってる」というのが、最初の私の印象。でも、すごく楽しくパワフル。子ども達にも大ウケです。作者片山健の画集「美しい日々」の世界(前世)から、生まれ変わった瞬間が読み取れる一冊です。
  • おなかのすくさんぽ/片山健
  • 800円+税(8%税込864円)
  • 買物かごへ
ことばのこばこ
和田誠
31×26.5cm 36p
似顔絵もイラストも文も装丁も映画も・・・何をやらせてもウマイ和田誠氏の傑作ことば遊びの絵本。いやホントにウマイ、天才!
  • ことばのこばこ/和田誠
  • 1,748円+税(8%税込1,888円)
  • 買物かごへ
空とぶライオン
佐野洋子
25×26.5cm 32p
名作「100万回生きたねこ」の直後に(つまり作者の一番脂の乗り切った時期に)描かれた作品。佐野洋子の隠れた最高傑作ではないか?・・・と私は密かに思っている。疲れたライオンに共感を覚えたアナタは(オレもか?)要注意。
  • 空とぶライオン/佐野洋子
  • 1,400円+税(8%税込1,512円)
  • 買物かごへ
視覚ミステリーえほん
ウォルター・ウィック/林田康一 訳
29×23.5cm 40p

M.C.エッシャーのだまし絵や、ペンローズの不思議な三角形の世界が好きな人にはたまらない写真絵本です。写真はウソをつかないって?否、写真だからダマされる!
  • 視覚ミステリーえほん
  • 1,800円+税(8%税込1,944円)
  • 買物かごへ
ねずみ女房
R・ゴッデン 文/W・P・デュボア 絵/石井桃子 訳
23×16cm 48p
この物語をめすねずみの不倫のお話と解釈するのが、あざといのか正しいのかはわからない。でも、めすねずみにも鳩にも思い入れができる。ラストシーンが素晴らしい!
  • ねずみ女房/R・ゴッデン
  • 1,200円+税(8%税込1,296円)
  • 買物かごへ
きつね森の山男
馬場のぼる
26×18.5cm 48p
「11ぴきのねこ」シリーズ以外の馬場作品で、私が最も愛している絵本がこれ。ふろふきだいこんという素材を選んじゃう所が馬場さんですね。ほっこりほかほか・・・冬にオススメです。
  • きつね森の山男/馬場のぼる
  • 1,300円+税(8%税込1,404円)
  • 買物かごへ
ゼラルダと人喰い鬼
トミー・ウンゲラー/たむらりゅういち・あそうくみ 訳
30×23cm 32p
ストーリーテラー トミー・ウンゲラーの傑作!「すてきな三にんぐみ」より、ちょっと怖くて、ちょっとブキミって所がより(シュールな漫画家でもある)ウンゲラーらしい。オチが好きなんですね、私は。
  • ゼラルダと人喰い鬼/トミー・ウンゲラー
  • 1,300円+税(8%税込1,404円)
  • 買物かごへ
上の本をお持ちの方には、下の本がお薦め。
日曜日の歌
長谷川集平
26×18.5cm 30p
特に優等生ではない、普通(ちょっと不良)の少年の家族を淡々と描き綴った絵本。不思議に暖かい気持ちになれたり、笑えたり、共感できたりするのは”絵”のせいでしょうか?私はこの絵にシビレちゃうんですね。
  • 日曜日の歌/長谷川集平
  • 1,117円+税(8%税込1,206円)
  • 買物かごへ
アベコベさん
フランセスカ・サイモン 文/ケレン・ラドロー 絵/青山南 訳
27×23cm 24p
ともかく各場面ごとに子どもの笑いがとれる。感触としては「なんでもふたつさん」なんかに近いと思う。価値観が堅くなりがちな大人にもオススメ。ラストの一言「よのなかには いろんなひとが いるんだ」が効いているね!
  • アベコベさん/フランセスカ・サイモン
  • 1,400円+税(8%税込1,512円)
  • 買物かごへ
バスがきた
五味太郎
25×21cm 32p
昔、この絵本を読んで涙を流した女性がいたっけ・・・。膨大な量の五味作品の中で私が最も愛する一冊。
  • バスがきた/五味太郎
  • 1,000円+税(8%税込1,080円)
  • 買物かごへ
絵本をよんでみる
五味太郎 小野明
16×11cm 368p
「うさこちゃんとうみ」という絵本全体を包むさびしさの正体は?うさこちゃんのお父さんふわふわさんの職業は?五味さんらしいセンスと感覚で、色んな絵本をどんどん”深読み”していく。(そこまで読むか?)と思いながらも、思わず納得・・・。
  • 絵本をよんでみる/五味太郎
  • 1,000円+税(8%税込1,080円)
  • 買物かごへ
絵本をよみつづけてみる
五味太郎 小野明
16×11cm 216p
続編も変わらぬボルテージ。
  • 絵本をよみつづけてみる/五味太郎
  • 850円+税(8%税込918円)
  • 買物かごへ
くさいくさいチーズぼうや&たくさんのおとぼけ話
ジョン・シェスカ文/レイン・スミス絵/青山南 訳
27.2x22.6cm 56p
品切れ再版未定
そんなときなんていう?
S・ジョスリン 文/モーリス・センダック 絵/谷川俊太郎 訳
税込\882(本体\840)
16.5×20.5cm 48p
イキナリ「まちのまんなかで ひとりのしんしが みんなにあかちゃんぞうを あげている」・・・だもんね。各場面ごとの不思議で素敵な設定に、びっくりしたり楽しんだりしながら、礼儀作法が学べます。
  • そんなときなんていう?/S・ジョスリン
  • 840円+税(8%税込907円)
  • 販売終了
本・絵本