カテゴリ「本・絵本」の最近のイベント

2019/03/21(木・祝) | 昼の部:14:30-15:30 夜の部:18:30-20:30

春休み企画 絵本の楽しみ

「おはなし」は楽しい〜 ちいさな出版社の願い

この7月で25周年を迎える瑞雲舎社長兼編集長、絵本大好きの井上みほ子さんに来て頂いて、自社の絵本の魅力をたっぷり語って頂く企画です。

昼の部は参加者のお子さんの年齢に合わせておはなししますが、『ハグしてぎゅっ!』『むすんでひらいて』『はやくちこぶた』『ちびくろ・さんぼ』…などを予定。

夜の部はちょうどマクロスキーの『あたまをなくしたおとこ』を(1年ほど在庫をきらしていたのですが)増刷したばかり、重版にあたって色々考えたことを中心に。それから、『おほしさまのちいさなおうち』『おうさまのくつ』『あひるのピンのぼうけん』『Lifeライフ』(くすのきしげのり:作/松本春野:絵)あたりを中心にしてお話しようかなと思います。

2019/04/03(水)~04/29(月祝) | 10:30-18:00

「自閉症の文化を学ぼう」ブックフェア

世界自閉症啓発デー連動企画

毎年4月2日は国連が定めた世界自閉症啓発デー、4月2日〜8日は日本実行委員会が設けた発達障害啓発週間です。(公式サイト

店頭でも関連書籍のブックフェアを行います。結構な品揃えなので、ぜひ一度ご覧ください。

毎月第3日曜日 | 13:30〜14:00

おはなし会 190317

おはなし、絵本、わらべうたを楽しもう【毎月第3日曜】

百町森が昔からやり続けているのが、この「おはなし会」です。

山崎、柿田、つきちゃんが、素話や絵本の読み聞かせ、わらべうたをします(毎月第3日曜日)。

2019年03月01日(金)〜 | 10:30〜18:00

【展示】『クマのプーさん』複製原画展

百町森開店40周年記念イベント

E.H.シェパードの描いた「プーさん」の鉛筆原画の複製画をご覧いただけます。

場所は、百町森店内のプレイスペース「プレイオン」になります。有料スペースのため、1人1時間300円かかります(当店の駐車場をご利用になる場合は、車1台も1人とカウントします)。ただし、プレイオンは5分間無料で見学できますので、その時間を利用して観覧していただくことも可能です。

2018/10/06(土) | 18:30〜20:30

【終了】子どもの本を読んで哲学してみませんか? 〈付:参加者からの感想〉

「トムは真夜中の庭で」をより深く楽しみ考える

PA060051.JPG今回、取り上げたのはフィリッパ・ピアス=著「トムは真夜中の庭で」でした。翻訳家で児童文学者の清水眞砂子さんにもゲストで来ていただき会を進めていきました。

会で出た話題や、参加者からの感想も末尾に付けました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

アーカイブ