小さなデザイン 駒形克己展 @ ヴァンジ彫刻庭園美術館

私たちがずっと愛着を持ち続けてきた駒形克己(こまがたかつみ)さん。彼の初めての大規模な展覧会「小さなデザイン 駒形克己展」は、2019年11月23日に始まった板橋区美術館を皮切りに、福岡(2020年3月)、岩手(2020年9月)、栃木(2020年11月)で開催され、ついに静岡県(長泉町のクレマチスの丘)にやってきました!

駒形さんは静岡県出身ということもありますし、いよいよ静岡県での開催ということで、私たちも盛り上がっています!今後、店内でのフェアや、InstaライブやYouTubeライブ、Facebookライブで毎週放送している【百町森LIVE】での作品紹介なども予定していますので、お楽しみに。

駒形さんの絵本の魅力

駒形さんの絵本をめくると、赤ちゃんから大人まで「視覚的な体験」を味わうことができます。お子さんが生まれたことがきっかけで生まれた「Little Eyes」シリーズは、本という形にとらわれず、「ページをめくる」ことに代表される「場面転換」によって生まれる驚きや発見を様々な形で追求した代表作です。

また、2008年に発表された「Little Tree」では、それまで追求してきた視覚的表現と、言葉が紡ぐ物語が見事に結実して、「本」の持つ力を再認識させてくれました。

今回の展覧会について

今回の展覧会では、絵本にとどまらず、私たちもあまり知らないデザイナーとしての作品など、初期から現在までの足跡をたどる作品を一挙に見ることができる展覧会です。この機会に、ぜひ駒形さんの作品に触れて欲しいと思います。美術館の方のお話では、インスタレーション的な展示もあるようです。他の会場とは違う、ここヴァンジ彫刻庭園美術館ならではの展示が見られるのではないかと期待しています。

期間中には、駒形さんご自身によるアーティストトークやワークショップが4回開催される予定です。イベント後にはサイン会もあるので大変楽しみです(要予約)。新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、延期や中止の可能性もあります。予約方法も含め、必ず主催者のサイトでご確認をお願いします。

さらに、この展覧会のグラフィックデザインを担当したのが、柿木原政広さんというのも注目です。柿木原さんは百町森とも関係の深い方で、カードゲーム「Rocca」シリーズのデザインや、絵本「ぽん ちん ぱん」の作者でもあります。駒形さんご自身とは違う、でも駒形さんらしさを感じさせる素晴らしいデザインです。今回のポスターも、基本デザインは同じですが、春から夏向きの明るい配色になっています。

(佐々木隆行)

以下、主催のヴァンジ彫刻庭園美術館のニュースリリースから抜粋します(写真も同館による)。

【展覧会概要】

『Little Eyes3 いろ・いろ・いろ』 偕成社 1990年

『ごぶごぶ ごぼごぼ』 福音館書店 1999年

駒形克己(1953−)は『Little Eyes』『Little Tree』などの絵本で知られる造本作家/デザイナーです。永井一正のもと、日本デザインセンターで初期のキャリアを積んだ後、アメリカへ渡った駒形は、ニューヨークのCBS 本社やシェクターグループで、グラフィックデザイナーとして活躍しました。 1983 年に帰国してからは、オフコースや安全地帯などのレコードジャケットのほか、コムデギャルソンといったファッションブランドの招待状などのデザインを手がけています。また1989 年に生まれた長女の成長と向き合うことからスタートした駒形の絵本づくりは、シンプルな素材で豊かなコミュニケーションの可能性を探るもので、国内外で注目を集めています。そして1990 年代後半以降は、絵本に加え、ワークショップの活動にも力を注いでいます。

本展は、アメリカ時代の実験的な試作から、音楽、ファッションでの仕事、絵本の制作プロセスを伝えるアイデアスケッチまで、駒形の初期から現在までの足跡をたどる展覧会です。駒形はこれまで「小さなこと」を大切にしてきました。手に収まる小さなサイズ、少数の人々とささやくような関係性から生まれた作品の数々をお楽しみください。

会  期| 2021(令和3 年)年3 月6 日(土)−8 月31 日(火)
開館時間| 3 月 10:00−17:00 / 4−8 月 10:00−18:00(入館は閉館の30 分前まで)
休 館 日 | 水曜日(祝日の場合は翌日休)
入 館 料 | 3 月 大人1,000 円(900 円)/高・大学生500 円(400 円)/中学生以下無料
      4−8 月 大人1,200 円(1,100 円)/高・大学生800 円(700 円)/中学生以下無料
      ※( )内は20 名様以上の団体割引
主  催| ヴァンジ彫刻庭園美術館
特別協力| ワンストローク   企画協力| ブルーシープ
後  援| 静岡県教育委員会、長泉町教育委員会、清水町教育委員会、裾野市教育委員会、沼津市教育委員会、三島市・三島市教育委員会、静岡新聞社・静岡放送
会  場| ヴァンジ彫刻庭園美術館 
     〒411-0931 静岡県長泉町東野クレマチスの丘347-1
     TEL 055-989-8787 FAX 055-989-8790 www.vangi-museum.jp

『Little Tree』 ワンストローク 2008年

作家紹介

駒形克己 Katsumi Komagata

造本作家/ デザイナー。1953 年静岡県生まれ。日本デザインセンターを経て、1976 年渡米。ニューヨークでデザイナーとしてキャリアを積んだ後、1983 年帰国。1986 年ONE STROKE 設立。以後多数の絵本を出版。ニューヨーク近代美術館 MoMA ミュージアムショップでの発売を機にその活動は世界へとひろがる。2012 年急性リンパ性白血病を発病、翌年骨髄移植を受け退院。その翌年、手話絵本の制作過程に密着したドキュメンタリー番組が放送され、同番組が国際エミー賞にノミネート。復帰後2014 年からは後進の指導にあたり、2016 年には、ボローニャ国際児童図書展にて、RAGAZZI SPECIAL MENTION AWARD を受賞、現在に至る。

展覧会のみどころ

1 ニューヨーク時代〜帰国後のグラフィックデザイン

駒形克己は、日本デザインセンターで初期のキャリアをスタートし、1976 年から1983 年にかけて二度に渡り渡米し、ニューヨークでグラフィックデザイナーとして活躍しました。帰国後は、コムデギャルソンやズッカの招待状やロゴ制作、企業や自治体のための仕事など、活動の幅を広げます。本展では、アメリカ時代の試作、音楽、ファッションの仕事など、グラフィックデザインの作品、アイデアスケッチをご紹介します。

コムデギャルソン オム メッセージカード 1988年

2 「 小さなこと」を大切にする、絵本づくり

1989 年に生まれた長女の成長と向き合うことから、駒形の絵本づくりがスタートしました。対象と向き合いながら、本の形や用紙に様々な工夫を施した駒形の絵本は、国際的にも注目されています。長女の成長後は、視覚障がいや聴覚障がいのある人に向けた絵本づくり、九州大学病院小児医療センター病棟の環境デザインなど、少数のヒトたちに向き合う取り組みにも力を注いでいます。「小さなこと」を大切にする駒形の絵本と制作プロセスをご覧ください。

「The Animals in the Forest」(未刊絵本)試作 2012-13年頃

3 制作のエッセンスを知る、ワークショップやトークイベント

1997 年にフランスで初めて開催したのをきっかけとして、毎年様々な場所でワークショップを行い、たくさんの人とコミュニケーションを重ねてきました。本展でも、関連イベントとして、ワークショップ、トークイベントを開催します。駒形の制作のエッセンスを直接体験することができる貴重な機会を、ぜひお見逃しなく。

(ニュースリリースより)

本展のグラフィックデザインを担当した、柿木原政広さんについては、板橋区立美術館のプレスリリースを引用しましょう。

本展覧会のメインヴィジュアルのデザインは柿木原政広さんが担当しました。柿木原さんはデザイナーとしての駒形に対し「何にも頼ることなく、実力で評価を得てきたことをリスペクトしています。今回のデザインは駒形さんに敬意を払いつつ、駒形さんとは違うデザインで展覧会を表現しなければならないため、覚悟をもって仕事を引き受けました。」と語っています。

柿木原政広(かきのきはらまさひろ)

1970 年広島県生まれ。ドラフトを経て 2007 年に株式会社 10(テ ン)を設立。JAGDA 会員。東京 ADC 会員。

主な仕事に singingAEON、まいにち AEON CARD、R.O.U のブランディング、東京国際映画祭、静岡市美術館、松竹芸能株式会社、信毎メディアガーデンの CI、美術館のポスターを多く手掛ける。カードゲーム Rocca をミラノサローネに 2012 年から出展。著作に福音館の絵本「ぽんちんぱん」「ひともじえほん」など。2003年日本グラフィックデザイナーズ協会新人賞受賞。NewYorkADC賞、ONESHOW PENCIL 賞、東京 ADC 賞、GOOD DESIGN 賞受賞。

(板橋区立美術館プレスリリースより)

名称:
小さなデザイン 駒形克己展
詳細ページ
開催日:
2021年03月06日(土)−08月31日(火)休館日:水曜日(祝日の場合は翌日休)
時間:
3月 10:00−17:00 / 4−8月 10:00−18:00(入館は閉館の30 分前まで)
場所:
ヴァンジ彫刻庭園美術館
料金:
3月 大人1,000円(900円)/高・大学生500円(400円)/中学生以下無料
4−8月 大人1,200円(1,100円)/高・大学生800円(700円)/中学生以下無料
※( )内は20 名様以上の団体割引
| コメント(0) | Bookmark and Share

このイベントが含まれるカテゴリ

アーカイブ