【終了】駒形克己+ワンストローク展

「小さなデザイン 駒形克己展 @ 板橋区立美術館」勝手に連動企画

「勝手に連動企画」とは

毎回大好評(?)の「勝手に連動企画」は、どこかで開催されている展覧会に合わせて、百町森で展示やフェアを行うものです。

今回は、駒形克己さん

板橋区立美術館で開かれている「小さなデザイン 駒形克己展」に合わせて、店内で駒形さんの作品やワンストロークの作品を展示・販売しています。

展示コーナーのようす

展示の様子を紹介します。

全体。普段は、ブルーノ・ムナーリエンツォ・マリイエラ・マリ葵・フーバー・河野三浦太郎などのコッライーニ社の書籍が並ぶコーナーで、駒形さんの本も一緒に並んでいますが、今回の企画では、駒形さんの本とワンストロークの本を全面的に展開しました。

上から吊るしてあるのは、駒形さんデザインのモビール

右側は、ワンストロークで出版されている駒形さんの本。左側は、それ以外も含んでいます。

手前は、駒形さんの絵本デビュー作「First Look」から始まる「リトル・アイ」シリーズ。中段は赤ちゃん向けの「ごぶごぶ ごぼごぼ」。最上段は、「広川泰士写真集 FUJI SUN」、ブルーノ・ムナーリの「I PRELIBRI」(駒形さんが表紙のデザインを担当)

駒形さんの金字塔「Little Tree」と、最近の作品「一隅」

ワンストローク制作のポストカード

以下、主催の板橋区立美術館のプレスリリースから抜粋します(写真も同館による)。

造本作家/デザイナー 駒形克己

駒形克己は『Little Eyes』『Little Tree』などの絵本で知られる造本作家/デザイナーです。日本デザインセンターで永井一正の下、初期のキャリアを積んだ後、6 年半に渡りアメリカで活動し、ニューヨークでは CBS本社やシェクターグループでグラフィックデザイナーとして活躍しました。1983 年に帰国してからは「オフコース」「安全地帯」などのレコードジャケット、コムデギャルソンなどのファッションブランドの招待状やタグなどのデザインを手がけています。1989 年に長女が誕生。子どもの成長に向き合うことから絵本を作り始め、新しいタイプの絵本として注目を集めました。現在は絵本に加え、ワークショップ活動で国際的に活躍しています。

本展は、アメリカ時代の実験的な試作から、音楽、ファッションでの仕事、絵本の制作プロセスがわかるスケッチまで、駒形の初期から現在までの足跡を約 300 点の作品でたどる初めての展覧会です。ユニークな絵本の魅力を立体的にご覧いただけるコーナーも見所のひとつです。

1 『Little Tree』 ワンストローク 2008年

2 『Little Eyes1 はじめてのかたち』 偕成社 1990年

3 『Little Eyes3 いろ・いろ・いろ』 偕成社 1990年

4 『ごぶごぶ ごぼごぼ』 福音館書店 1999年

5 『ぼく、うまれるよ!』 ワンストローク 1995年

6 「The Animals in the Forest」(未刊絵本)試作 2012-13頃

7 NBAオールスターゲーム案内状 1982年

8 「日本のデザイン1950-1995展」案内状(パリ、ポンピドゥー・センター)1996年

9 ズッカ ロゴ決定稿 1988年頃

10 コムデギャルソン オム メッセージカード 1988年

本展グラフィックデザイン:柿木原政広

本展覧会のメインヴィジュアルのデザインは柿木原政広さんが担当しました。柿木原さんはデザイナーとしての駒形に対し「何にも頼ることなく、実力で評価を得てきたことをリスペクトしています。今回のデザインは駒形さんに敬意を払いつつ、駒形さんとは違うデザインで展覧会を表現しなければならないため、覚悟をもって仕事を引き受けました。」と語っています。

柿木原政広(かきのきはらまさひろ)

1970 年広島県生まれ。ドラフトを経て 2007 年に株式会社 10(テ ン)を設立。JAGDA 会員。東京 ADC 会員。

主な仕事に singingAEON、まいにち AEON CARD、R.O.U のブランディング、東京国際映画祭、静岡市美術館、松竹芸能株式会社、信毎メディアガーデンの CI、美術館のポスターを多く手掛ける。カードゲーム Rocca をミラノサローネに 2012 年から出展。著作に福音館の絵本「ぽんちんぱん」「ひともじえほん」など。2003年日本グラフィックデザイナーズ協会新人賞受賞。NewYorkADC賞、ONESHOW PENCIL 賞、東京 ADC 賞、GOOD DESIGN 賞受賞。

(プレスリリースより)

名称:
駒形克己+ワンストローク展
開催日:
2019/12/04(水)~2020/01/13(月祝)
時間:
10:30-18:00
場所:
百町森店内
料金:
無料
| コメント(0) | Bookmark and Share

このイベントが含まれるカテゴリ

関連する商品/記事

アーカイブ