【終了】ゲームマーケット2019春2日目で「親子で遊ぼう!Game&Toy」を担当します

|

このタペストリーが目印です。

来る2019年05月25日(土)、26日(日)の2日間にわたって、東京ビッグサイトで開催される「ゲームマーケット2019春」。

昨年に引き続いて、百町森は2日目の特設コーナー4「親子で遊ぼう! Game&Toy」を担当することになりました。

ゲームマーケット概要

公式ページより

名称 ゲームマーケット2019春
開催日 2019年5月25日(土) 10時~17時
2019年5月26日(日) 10時~17時
会場 東京ビッグサイト(青海展示棟) A,Bホール
住所 〒135-0064 東京都江東区青海1-2-33 東京ビッグサイト(東京国際展示場)
交通機関
アクセス
りんかい線「東京テレポート」 徒歩2分
ゆりかもめ「青海」 徒歩4分
ゆりかもめ「お台場海浜公園」 徒歩6分
お車の方は近隣の駐車場をご利用ください
大きな地図で見る
入場料 当日:1000円
カタログ(2000円)でもどちらか1日入場可能です。
※小学生以下は保護者同伴で入場無料、中学、高校、高専生は学生証の提示で入場無料となります。
主催・運用 株式会社アークライト/ゲームマーケット事務局

百町森の内容

  • 日時:2019年5月26日(日) 10時~17時
  • 場所:Bホール特設会場4
  • 運営:百町森
                                       
ゲームコーナー 百町森お薦めの、子どもゲームや家族ゲームで実際に遊べます。
木のおもちゃコーナー 百町森が得意とするヨーロッパの木のおもちゃで遊べます。
販売コーナー 体験コーナーのゲームや、お薦めの子どもゲームを販売。
体験会(時間限定) 3つのゲーム(カルテット、巨大ロリット、クロキノール)の体験会を開催します。みんなで一緒に楽しみましょう!

体験会&ミニセミナー
タイムテーブル

カルテット、巨大ロリット、クロキノールの3つのゲームの体験会を時間を決めて行います。ゲームコーナーにも置いておきますので、いつでも遊んでいただけますが、人数が多い方が楽しいので、よかったらその時間に集まってください。

また、スタッフ佐々木によるミニセミナーも開催します。

あくまで予定です。変更になる場合もありますので、ご了承ください。

                                                                               
10:00 開場
11:00 カルテット体験会(30分)
12:00 巨大ロリット体験会(45分)
13:00 ミニセミナー(30分)
14:00 ミニセミナー(30分)
15:00 クロキノール体験会(30分)
16:00 巨大ロリット体験会(45分)
17:00 終了

体験会のゲーム紹介

ロリット

4人で遊べる「リバーシ」です。コマは白黒の円盤ではなく、赤青黄緑の4色の球で、自分の色で他の色のコマを挟むと自分の色にできます。

2人だと、ガチの頭脳戦ですが、4人で遊ぶと、隣のプレーヤーに影響されたり、3人が結託したりと、まったく違う展開になります。

今回は大きめサイズの巨大ロリットをご用意します。この機会にぜひお試しください。

各回先着8名様にキーホルダーをプレゼント!

12:00からと、16:00からの「巨大ロリット体験会(45分)」に参加された方に、ロリットのキーホルダーをプレゼントします!数に限りがありますので、なくなった場合はご容赦ください。

  • 各回8名様まで
  • お一人様1個限り
  • 遊び終わった後にお渡しします。

カルテット

ドイツの定番カードゲームで、論理的な推理力、記憶力、ゲームへの集中力が問われます。また、逆転されることもあるので、精神的な強さも求められます。ゲームの基本的な要素が詰まっています。

4枚のカードのセットを集めるのが目的で、トランプの「家族あわせ(オーサー)」と同じです。

ルールに著作権もなく、色々なメーカーが色々なモチーフで商品化しています。

クロキノール

北米中心に遊ばれているおはじきゲーム。

2014年9月に公開された『昭和天皇実録』において、幼少期の遊びとして登場する「クロックノール」が、このクロキノールだと言われています。

大正から昭和にかけて、エポック社などから『闘球盤』として販売されていましたが、生産中止となってから久しく、今では入手困難となっています。

おはじきゲームとしては「カロム」が有名ですが、「クロキノール」は、ルールがシンプルで決着がつきやすい特長があり、百町森ではドイツから取り寄せています。この機会に一度体験されてみてはいかがでしょうか?

ミニセミナー

子どもと楽しくゲームで遊ぶ5つのコツ(仮)

講師:佐々木隆行(百町森)

百町森で、20年近く子ども向けゲームを販売してきたスタッフ佐々木が、子どもとゲームで遊ぶ時のコツや選び方などをお伝えします。

お母さんやお父さんには、よく「ゲーム遊びはお父さんに協力してもらってください」とお話ししています。このゲームマーケットにいらっしゃるお父さんは、もともとゲーム好きでしょうから、お子さんとゲームで遊んでくださるのは間違いないと思います。

ただ逆に、ゲーム好きゆえに悩んでいるお父さんもいらっしゃると思います。例えば、つい難しいゲームを選んでしまう。例えば、つい子どものプレイに口を出してしまう。そんな方に役立てたらよいなと思っています。

また、たくさんある子ども向けのゲームのどれを選べば良いかや、兄弟が一緒に遊ぶのにお薦めのゲーム、発達段階に応じたゲーム選び、ひいては「カタンまでのロードマップ」なんて話も時間が許せばしたいと考えています。

ゲームマーケットに参加するには

  1. 5月26日(日)当日、直接会場(東京ビッグサイト(青海展示棟))におこしください。
  2. 入場パス(税込1,000円)をお買い求めください。
    • 小学生以下のお子さんは保護者同伴で、入場パスが無料でもらえます。
    • 中高生:学生証の提示で入場パスが無料でもらえます。

ご注意

  1. 2日目の5月26日(日)のみの出店なのでくれぐれもご注意ください。
  2. この日は、「こどもゲームコーナー」や、「いっぽ」さんの「どうぶつしょうぎと仲間たち」のコーナーも、隣で開催されていますので、親子連れの方はぜひお立ち寄りください。

会場マップ(2日目)

拡大図

全体図(クリックすると拡大します)

スタッフ紹介

百町森のゲーム大好きスタッフ3名+アルバイト2名が会場でお待ちしております。

佐々木隆行

今回の最年長スタッフ。2000年あたりから、当時のドライマギア社のゲームデザインや、故アレックス・ランドルフ氏のゲームに惚れ込む。同時に、2人の息子たちとドイツの子どもゲームで遊ぶ中で、その面白さに目覚め、長年、百町森のゲーム担当を務める。なので、古いゲームについては変に詳しい。

2007年4月からは、「ゲームの日」という親子向けゲーム体験会をほぼ毎月開催して、多くの子どもたちと様々な子どもゲームで遊んできた(現在も継続中)。幼稚園・保育園・児童館でのゲーム研修や子ども向けのゲーム会(静岡県内)に出向いている。

「絵本の読み聞かせ」のように、「家族でゲーム」することを家庭に広げたいという野望を抱いている。

神田右京

ゲームが大好きで、ゲームについて学び、作りたいという思いで百町森に入社。百町森の営業担当として、静岡県内の保育園や幼稚園、児童館などに出向いている。

友人たちと「スタジオくるくる」を設立。2017年秋のゲームマーケットで「オクタゴン」を発表し、ゲーム作家デビュー。翌2018年には「ゆびリンピック」を発表する。

山崎治

百町森の最若手スタッフ。やはりゲームが大好きで、「静岡市ゲーム会 ランスロット」を主宰。百町森あそび村を借りて、ゲーム会を開催している。

大人向けのゲームはもちろん、児童クラブ(学童)に勤務していた経験を生かして、子ども向けのゲームにめっぽう詳しい。

また、最新のゲーム情報もキャッチアップしているので、わからないことを聞けば大抵答えてくれる。

神田の同人ゲーム制作においては、カードやボードなどをガンガン試作してくれる強力な助っ人。

この記事が含まれる商品カテゴリ・特集

アーカイブ