お知らせの最近のブログ記事

6月23日は「沖縄慰霊の日」。

1945年のこの日(6月22日という説もあります)、日本軍の牛島司令官が自決したことで、組織的戦闘が終結しました。しかし、最終命令で、最後まで戦え、と命じたばかりに、その後も多くの軍人・住民が犠牲になったのです。岩波ジュニア新書「ひめゆりの沖縄戦」から関連部分を引用します(文中の太字は佐々木)。

住民戦没者はなぜ多いか 村上有慶

四月上旬から五月下旬までの主力攻防戦こそが沖縄戦でした。日本軍の主力部隊の70パーセントは、この攻防戦で死んだり傷ついたりしました。(中略)5月28日、第32軍は首里の司令部を撤退し、南部の摩文仁(まぶに)へと司令部をうつしました。この時点で、軍隊どうしの戦争の勝負はついていました

2017年5月 3日 20:59

今日は二人の巨匠の誕生日

今日5月4日は、偉大なゲーム作家アレックス・ランドルフさんと、これまた偉大なおもちゃ作家クルト・ネフさんのお誕生日です。

4月。
入園、入学、進級、進学など
新しいコトが始まる季節。
「コプタ通信」と一緒に
絵本や児童書が毎月届く
ブックぷらす
を始めてみませんか?
今ならプレゼント付!

今だけ!
子どもの本2冊プレゼント!

子どもの本(ソフトカバー)を2冊プレゼントします。何が来るかは届いてからのお楽しみ。

期間:2017年3月8日~4月30日

ブックぷらすとは?

  • 毎月、会員誌「コプタ通信」と一緒に届く本の定期便
  • 百町森の会員さん(入会金500円+年会費1,500円)だけが、オプションで付けることができるサービスです。だから「ぷらす」。
  • コプタ通信と一緒に送るので、送料はかかりません。本代のみでお送りします。
  • 子どもの本の専門店として38年目を迎える百町森が選び抜いたラインナップです。

HAPIKUで、柿田がおすすめの絵本やおもちゃを紹介する連載「百町森ナビゲート」が始まりました。

サブタイトルは「絵本とおもちゃで「ゆっくり子育て」しませんか?」。第1回は、百町森のことを丁寧に紹介してくださっています。よかったら読んでみてくださいね。

HAPIKUとは

HAPIKU(ハピク)は子育てを楽しむためのWEBマガジン。常に子どもたちのそばに寄り添い、子どもたちと接している保育士・栄養士・調理師・看護師といった保育現場で働くプロフェッショナルたちが、すべての子どもたちの笑顔あふれる毎日を願い情報発信しています。

(HAPIKUサイトより)

アーカイブ