百町森ブログ

百町森からのお知らせなどです。

  
  

柿田のブログ

  

百町森の店主 柿田のブログです。

  
  
  

イベント

  

イベントはこちらです。

  
  
  

コラム

  

子育てやわらべうたに関する読み物、スタッフの旅日記など。

  

いつも、リユース袋のご提供ありがとうございます。昨年末より袋が不足気味でしたが、大勢の方が続々届け下さいました。おかげで、店頭で大活躍しています。

さて、リユース以上にもっと広がってほしいなと思っていることに、リフューズ(断る)があります。百町森でマイバッグ持参をお願いしているみたいなことです。

ちょうど、今年度の静岡市の「ごみの出し方・分別ガイドブック」の中に素敵な記事がありましたのでご紹介させていただきます。詳しくは、http://www.shizuoka4r.jp/numagami/index.phpをご覧ください。

それは静岡版もったいない運動 4R(フォーアール)と名付けられ、4Rに取り組むことを推奨しています。

  • Refuse(断る)●マイバッグを持参し、レジ袋や過剰包装を断る。●トレイ無し販売、量り売りの活用をする。
  • Reduse(減らす)●詰め替えできる商品や、ばら売りしているものを利用する。●外出の際に、マイ箸・マイボトルを持参する。●「3つの切る」を意識する。食材を使い切る、食品を食べ切る、生ごみの水分を切る。
  • Reuse(再利用する)●まだ使える物は、もう一度利用する。●リサイクルショップやフリーマーケットを利用する。
  • Recycle(再生利用する)●大切な資源を正しく分別する。●リサイクル商品を購入する。

Refuseリフューズが広がれば、Reuseも減って、結果、資源の保護に繋がるのではないかと思います。

こうした取り組みが広がってくれるといいな、と思います。

皆様、普段どんなパンを食べていますか?どんなパンが好きですか?

百町森は以前、自然食の喫茶を併設していたことがあります。そのときには、いまはなき、神田精養軒のパン(ライ麦パンやクネッケ)を販売したり、個人の方が作るパン(こちらは玄米パン)を扱っていたりしました。おいしい食べ物には人の気持ちをとろけさせる不思議な魅力があるような気がします。

4/17(日)久しぶりに百町森でパンの販売会をします。

パンを作るのは静岡市在住の原さんと石井さん姉妹。お二人は、今をときめく料理研究家、白崎裕子主宰のオーガニック料理教室「白崎茶会」で学び、白崎茶会認定のパン先生になりました。安心な材料を使い、味も、見た目もとても美しいパンです。白砂糖、卵、乳製品を使っていませんから、アレルギーの方にも安心して召し上がっていただけます。

そして、なんと原さんは百町森で白崎さんの料理の本を買って、それが白崎茶会とのはじめての出会いだったということです。私も時々白崎茶会に参加させていただいていますが、こんな素敵な繋がりがあったなんて、とてもうれしく、販売の話はとんとん拍子で進んだ次第です。私はもちろん、スタッフみんなが楽しみにしています。この日は「おはなし会」「ゲームの日」でもあります。皆様の御来店をお待ちしております。イベント詳細ページ

また、原さんはご自宅で、パン教室(YYY Baking Studio)も始めました。FacebookInstagramもご覧ください。

白崎茶会の本

にっぽんのパンと畑のスープ なつかしくてあたらしい、白崎茶会のオーガニックレシピ

地粉(うどん粉)で作るパンはもっちりして旨みがあり、消化も良く日本人向きです。あまり膨らまなくて美味しくないと思っていませんか?美味しく作るちょっとしたコツとポイントが満載。はじめての方はピタパンや花巻(蒸しパン)から挑戦して下さい。

にっぽんの麺と太陽のごはん なつかしくてあたらしい、白崎茶会のオーガニックレシピ2

地粉で作るうどんは本当においしい!そして、ことのほか簡単。すごくこねなければならないと思ってませんか?ほとんどこねないのです。外国産の小麦粉のうどんは真白でコシがありますが味はいまいち。少しくすんだ色のもちもち、しっとりで味わい深い、地粉うどん是非お試し下さい。私は地粉の中華麺にはまり、細く麺を切るためにパスタマシーンを買ってしまいました。我が家の夏の定番です。

かんたんお菓子

お菓子なのに、バターも卵も使わない!なのにおいしい。そして美しい。てんさい糖、メイプルシロップ、きな粉、ココア、アーモンドパウダー、いちご、バナナ、豆乳、豆腐、ドライフルーツ。こんなにおいしいお菓子ができるだなんて。目から鱗のレシピ集。百町森の「遊びを学ぶ」の参加者にお出しするおやつはこのレシピからです。

かんたんデザート

豆乳で作ったヨーグルトの水切りをして、クリームチーズができます。それを加工すると生クリームみたいなヨーグルトホイップクリームができます。豆乳から作るアイスクリーム、寒天とくず粉でゼリー。季節のフルーツ、それらを組み合わせて作るパフェが夏の我が家のおもてなし料理。信じられないくらいおいしいデザートができます。動物性のものが入っていないので、お腹にもやさしいのがうれしいです。子どもが喜ぶアイスキャンデーやココナッツオイルを使った生チョコもおすすめです。

白崎茶会のかんたんパンレシピ

こちらは、オーガニックというと登場するハード系のカンパーニュやライ麦パン、ではなく、いわゆる菓子パン、中心のレシピ集。シナモンロール、コロネパン、メロンパン、カレーパンなどなど。安全、安心な材料で作ってみたいよね。是非お試しを。

秘密のストックレシピ

これは本当におすすめです。今の季節なら旬の筍を使った「和メンマ」。通年おすすめは、「カレールー」「豆乳マヨネーズ」「すし酢」。常備菜に「かっちり煮豆」「大豆ボール」すべて我が家の定番になりました。

Googleのストリートビューの感覚で、店の中を歩き回って店内をご覧いただくことができるようになりました!

下の画面の中でも操作できますが、画面左上の「Googleで見る」をクリックすると、新しいウインドウが開くので大きな画面でご覧いただけます。

前回(暮らしのあれこれ72)ご紹介した、柿田の個人的復興支援の品々は、まだまだ続いています。

未使用のまま押入れにしまわれていた物で、留め金つきの箱に入っているものが多いです。30年以上前のことだと思います。箱はくたびれていますが中身は新品。汚れているものは洗って、(使用したための汚れではありません)物によっては漂白(酸素系)してお出ししています。今はあんまり贈答品としては頂かない、蓋つきの夫婦茶碗、菓子器と取皿のセット、昭和を感じるものが多く、とてもなつかしいですね。中には結婚式の引き出物で裏に名前が入っているものもありますが、そこは御愛嬌です。

kurashi-1602_01.jpg kurashi-1602_02.jpg kurashi-1602_03.jpg kurashi-1602_04.jpg kurashi-1602_05.jpg kurashi-1602_06.jpg kurashi-1602_07.jpg

どちらの物もいくらでも結構です。 こちらでのお買い上げ金額は全額「3.11からの出発 東京子ども図書館」と「未来の福島子ども基金」に寄付しています。 御来店の際は是非ご覧ください。

昨年は時間にも気持ちにもゆとりがなく、庭の花や、作物の手入れをほとんどすることがほとんどできませんでした。球根や苗も1つも植えませんでした。だから、今年は豆類の収穫もできません。でも、花壇や立春を過ぎてから、一昨年植えた作物がふたたび花を咲かせてくれました。特にクロッカスは群生して、ずぼらな私に喜びを届けてくれています。自然の営みに感謝の日々です。

kurashi-1602_08.jpg kurashi-1602_09.jpg kurashi-1602_10.jpg kurashi-1602_11.jpg

2015年の1年間、百町森でよく売れたゲームを発表します。

こうやって見てみると、第1位の「花あわせ」だけは新作ですが、あとはロングセラー的な定番ゲームがずらりと並び、百町森らしい結果となりました。

主力の子どもゲームの中に混じって、カタン、カルカソンヌといった、百町森的には「重め」のゲームがランクインするというのは、2〜3年前には考えられなかったことで、驚きです。幼児期からテーブルゲームに親しんできたお子さんが小学生になって、より本格的なゲームで遊ぶようになってきたこと、「人狼」「枯山水」などの人気で、大人の方のご来店が増えていることが要因でしょうか。

第1位:花あわせ

2015年発売。花札をモチーフにした神経衰弱です。従来の省略された図柄ではなく、現存する日本最古の花札の絵を百町森の相沢が復刻した力作です。

分厚くて大きなカードは遊びやすく、写実的な絵と相まって、日本の自然に親しめる幼児からのカードゲームとして、また大人の目にも耐えうる和のデザインのゲームとして、大人気でした。

  • 製作:クレーブラット(日)
  • イラスト、パッケージデザイン:相沢康夫
  • 発売:2015年
  • 花あわせ詳細ページ

たくさんのご応募ありがとうございました。抽選結果を発表します。当選された皆さま、おめでとうございます!明日から賞品を発送いたしますので、今しばらくお待ち下さい。

新しい年が始まりました。

店頭での復興支援セールへは、昨年もたくさんの御協力をいただきました。本当にありがとうございます。 さて、今年になってからは、柿田のアイデアで、以下のようなことをさせていただいています。

突然、私事で恐縮ですが、昨年私は97歳まで生きた母をなくしました。15年前に亡くなった父のものも含め、沢山の食器が遺品として出てきました。昭和の香りのするちょっとレトロなもの、その多くはもらいもので、ほとんど使われないまましまわれていたものです。お正月から復興支援のためのワゴンにこんなものを並べさせていただきます。

0ff32d52-0233-4e14-84cb-4e6fd2743acf.jpg731073cf-ea69-43f9-a22c-391251e758a2.jpgbc404ac7-b47b-4d03-a350-88e4707f41bb.jpg

柿田

クリスマス、年末年始と忙しい日々でしたので、なかなか準備が追いつかず、1週間ほど前から並べさせていただいています。少し懐かしいレトロなものが多くて、特に若い方から「かわいい!」と歓声が上がっています。少しずつ出していますのでご来店の際は是非チェックして下さい。

また、スタッフのTちゃん手づくりの子供服も好評です。こちらは時々並びます。今は、サイズ100のかぼちゃパンツがあります。表はパープルのコーデュロイ、裏のプリント生地を素敵です。こちらもどうぞチェックして下さい。

庭の綿は何とか収穫。ほんの少しですがコットンボールになりました。

CIMG0947.JPG

今年はもっと早く種蒔きしてたくさんの綿を収穫したいと思います。

今年も暮らしのあれこれをよろしくお願い致します。

アーカイブ