暮らしのあれこれ50 おむつなし育児:百町森ブログ:百町森

暮らしのあれこれ50 おむつなし育児

『赤ちゃんが気持ちいい、おむつなし生活&トイレトレーニング』

隔月の育児雑誌「AERA with Baby」2013年6月号の特集です。

以前、コプタ通信で「おむつなし育児」について取り上げたことがあるのですが、この特集を見て、なかなか世の中に浸透しているのだなぁって思った次第です。

この特集の面白いところは、読者8組が実際に6ヶ月間チャレンジした様子をくわしく取材しているところで、すごーく身近に、構えなくても挑戦できそうって思えるところです。もちろん、「おむつなし育児って何?」って初歩的な説明やメリットも載っています。雑誌ならではの新しい情報ですね。

おむつなし育児についてお勧めの本を2冊ご紹介します。

「赤ちゃんにおむつはいらない 失われた育児技法を求めて」
三砂ちづる編著 2,000円(税別)

40組のおむつなし育児の実践記録を中心に、おむつと育児法の変遷、現代日本の実態など、研究者による2年間の研究記録です。知らなかったことがたくさんで目から鱗の連続です。

「親子で楽しむ!おむつなし育児 0歳からできるナチュラル・トイレトレーニング」
ローリー・ブーケ著 望月美和訳 三砂ちづる解説 1,500円(税別)

おむつなし育児の実践の仕方が、わかりやすく、やさしく解説されていてとても読みやすい一冊です。

さらに、もうひとつの特集『0歳だって楽しめる!最強の絵本ガイド』に百町森のお勧めの絵本を紹介しています。書店で選ぶ「とっておきの絵本たち」ということで、4軒の書店の担当者が絵本を選んでいます。ちなみに百町森の柿田が選んだのは、ロングセラーの「いぬがいっぱい」「がたんごとんがたんごとん」など。ほかの書店さんが選んだものもそれぞれの書店の特徴が出ていて面白いです。

この雑誌百町森では普段置いていませんが、見かけたら是非ご一読を!

この記事が含まれる商品カテゴリ・特集

アーカイブ