【更新】物語から飛び出したミニチュアたち

|

今月の会員誌「コプタ通信」09年8月号で、ドイツ語圏でよく読まれている童話や児童文学に題材をとった、ミニチュアを紹介しました。もじゃもじゃペーター、マックスとモーリッツから始まって、グリム童話、ハイジ、ニルスなどなど、探してみたら店内にもいっぱいありました!

さて、その中で一番多く商品化されていたお話は、すごいですよ?。なんと12アイテムもありました。ご紹介すると...

  1. オストハイマー社
  2. ヘルビッヒ工房
  3. ロッテ・ジーバース・ハーン社の木彫りミニチュア
  4. ロッテ・ジーバース・ハーン社の木彫り棒人形
  5. バベット・シュヴァイツァ社の錫の飾り
  6. ESCO社
  7. ウーリッヒ工房
  8. マッチ箱
  9. ヘラー社の壁掛け
  10. エトマー夫人のオルゴール
  11. ミニアーチのキャンドルスタンド
  12. シュナイダー社の鳩時計

さて、このお話は一体なんでしょう?(ヒント:グリムのお話です)

答えは「赤ずきん」でした。このほかにも、面白いものがあります。

これでもか、という程ありますが、ドイツに行けばそれこそきりがないんでしょうね。こういったミニチュアを見ているうちに、今度はお話も読みたくなってきました。今回ご紹介したお話の中で、百年以上前に書かれたものは、ペローの童話集、ほら吹き男爵の冒険、グリム童話、もじゃもじゃペーター、マックスとモーリッツ、ハイジ、ピノキオ、ニルスのふしぎな旅...とまあ、これもたくさんあってびっくりです。なんか奥が深いというか、層が厚いですね?。

この記事が含まれる商品カテゴリ・特集

アーカイブ