静岡ホビーウィーク ?5/17

|
090515_hobbyshow.jpg

静岡市には、タミヤ、ハセガワ、青島模型といったプラモデルメーカーがあり、ホビーショーという催しも今回で48回目を迎えます。また、トレインフェスタという鉄道ファン向けの催しも10年くらい続いています。この2つの催しを中心に、タミヤやバンダイホビーセンター(ガンプラ生産工場)の一般公開などを合わせて、「静岡ホビーウィーク」がまさに今週行われています。

百町森もおもちゃ屋なので、招待状が毎年来ます。土日の一般公開日前に、業者向けの日があるのですが、今日は珍しく、私、柿田、相沢の3人で覗いてきました。

今回一番惹かれたのが、写真のガレージのジオラマ。作家が完成させたキットを輸入して販売しているそうです。ものすごい作り込みです。他にも車だけの完成品もあって、それも素晴らしい出来映えでした。この会社(シモムラアレック)は、自宅で眠っているモデルキットの完成を請け負うという、超ニッチでマニアックな仕事をしているそうで、しかも静岡市内にあると聞いてびっくり。面白いことを考える人がいるもんだと感心。他にも、ハセガワのブースに展示されていた横山宏氏の『マシーネンクリーガー』もグッと来たなぁ?。すごい存在感。こんな世界があるっていうことを初めて知ったんだけど。

この週末、静岡にお出かけになってはいかが?百町森に寄るのもお忘れなく。

この記事が含まれる商品カテゴリ・特集

アーカイブ