ワールド・アニメーション・クラシック090320-0405【静岡市】

|
0903_wac.jpg

私も含め百町森スタッフにも会員が多い「静岡シネ・ギャラリー」は、ミニシアター系映画を上映してくれるありがたい存在です。そのシネ・ギャラリーが5周年記念企画としてお送りするのが、「ワールド・アニメーション・クラシック」です。

フランスの「ベルヴィル・ランデブー」、ロシアの人気アニメ「チェブラーシカ」、宮崎駿や高畑勲が影響を受けた傑作「王と鳥」、ジョージ・オーウェル原作で、イギリス初の長編アニメーション「動物農場」、そして日本を代表するアニメーション作家山村浩二の「頭山」を含む単編9作品という豪華なプログラム。

百町森も、関連本やDVDなどの販売で協力しています。

  • 期間:2009年3月20日(金)?4月5日(日)
  • 場所:サールナートホール 静岡市葵区御幸町11-14 TEL054(273)7450
  • プログラム:Aべルヴィル・ランデブー、Bチェブラーシカ、C王と鳥、D動物農場、E山村浩二短編集
  • 料金:一般1,500円(会員/シニア/学生1,000円)前売りの回数券あり
  • 詳細は、シネ・ギャラリーのサイトをご覧下さい。

個人的には、山村浩二さんが一番楽しみです。あと、スウィングジャズ風BGMが流れるという「べルヴィル・ランデブー」、「カリオストロの城」好きにお薦めという「王と鳥」も気になるなぁ?(アニメの歴史で必ず語られる「やぶにらみの暴君」のリメイクなんですって)。「チェブラーシカ」はDVDで楽しんだので今回はパスしますが、子ども連れなら一番のお薦め。日本語吹き替え版ですしね。

この記事が含まれる商品カテゴリ・特集

アーカイブ